超長期仕様 ≪富田林の家≫ 構造見学会
11/14(土)富田林の家の構造見学会を開催しました。
週間天気予報では雨の予定だったので、しっかりと大工さんが雨養生してくれていましたが・・・
晴天に恵まれました。うれしい誤算です。
三澤は天下無敵(言い方が古いですが・・・)の晴れ男なのです。

b0111223_1441288.jpg


こちらが建て方直後の写真です。
b0111223_1465156.jpg


当日は約40人の方に来て頂きました。工務店関係者、設計者が多かったですが、中には一般の住まい手も来て頂きました。構造への関心の高さを感じます。
b0111223_14104344.jpg


構造材は奈良県吉野の阪口製材所の杉(70年以上の戦前の杉)です。赤味の綺麗な芯持ち構造材です。さすが吉野と思わせる素晴らしい材料です。参加者のみなさんも、材の美しさに驚いていました。
吉野の構造材?どうせ高いのでは?と思われるかもしれません。しかし、このグレードの材料で110,000円/㎥です。富田林の家で構造材は16㎥ほどあるので180万円ほどです。総額3,800万円の家で構造材にはたった200万円弱ほどしか使っていないのです。戦後の杉(40年~50年)の価格が80,000円/㎥とすると130万円ほどです。50万円の差で全て赤味で年輪も緻密で美しい材料が手に入ります。構造材は家の骨組みであり、設備機器のように取替えが出来ません。長く住む家を考えるときに構造材にこそお金をかける必要があります。プリウス一台分より安い値段なのです。

b0111223_14285176.jpg


Dボルトです。大工の棟梁曰く「材の中心で引っ張るDボルトは羽子板ボルトにくらべたら間違いなく強い」と絶賛していました。
b0111223_14335357.jpg


新協建設工業(施工業者)のブースです。施工中の写真をパネルにして説明していました。工務店関係者も多かったので使っている材料や施工方法に興味深々でした。
b0111223_1428351.jpg


柱の含水率です。全てではありませんが、柱材は同じような数値でした。天然乾燥ですが優秀です。
b0111223_14304432.jpg



天気も良かったので一部の方には足場を登っていただき、屋根の「そよ風」採熱パネルの施工状態も見ていただきました。太陽の熱を利用したパッシブソーラーシステムとして富田林の家では「そよ風」を採用しています。普段板金の中で見えない部分ですが、運よく施工中を見学することができました。(そよ風について詳しくはここをご覧ください)
b0111223_14434675.jpg


多くの方に参加して頂き、盛況の内に見学会は終了しました。丁寧に見学してくださった参加者の皆様、また見学会を了承してくださいました。住まい手に感謝です。竣工見学会が楽しみです


11/28(土)に静岡県浜松市で行っている「遠江の家」(Ms日記では浜松の家)の完成見学会が行われます
b0111223_14312351.jpg

[PR]
by MsARCH2 | 2009-11-17 14:28 | 長期優良住宅
<< 「遠江の家」-天竜杉の家-完成見学会 朝のひととき >>