<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「鳥取のみどりのちから」モデルハウスプロジェクト ~木配り編~
突然の大雪で延期になった木配りに、行ってきました。
場所はいつもの三重県松阪市にあるコウヨウプレカットです。この工場に来るもの何回目でしょうか。50回は来ています。
林産地では荒木の状態で木材を見ているので。毎回思っていたような材料が入っているか、お見合いのようにドキドキしながら向かいます。
今回の木配りは3/16~3/27に東京新宿オゾンで行う。鳥取県産材をアピールする「鳥取みどりのちから」詳しくはこちらで展示する実物大2階建てのモデルハウスの材料です。オフィスビルの中に家を建てます。
鳥取のアピールということで林産地は吉野林業の流れをくむ智頭林業のサカモトの杉です。最近では昨年竣工した豊中の家で使っています。

まずはプレカットの打合せです。
今回6m×6mの2階建てをたった1日で建てなくてはいけません。(外壁、床、屋根の一部もしっかりと造ります)しかも現場がビルの中なので現場で出来る作業も限られています。クレーン車など使えないので全て手作業となります。まさに現代の一夜城です。


b0111223_16404163.jpg


プレカット自体の加工は単純ですが、壁や屋根、床に入れるJパネルのカットや外壁の本実板パネル、内部の階段など、コウヨウの大工さんに造って頂く部分が多く、ミスが無いように打合せします。
朝10:00からの打合せはあっという間に昼を過ぎています。
昼からは木材を運ぶなど体力を使うゆえ、昼ごはんはコウヨウでの木配りで恒例となっている焼き肉です。一升瓶で松坂牛です!!何度も来ている私はもう牛一頭分は食べています。



クリのナグリ仕上げの柱です。大阪の銘木加工、橘商店にて「ナグリ」加工して頂きました。迫力がちがいます。東京オゾンで是非触って頂きたいです。
b0111223_1642739.jpg


樹齢100年は軽く超えている杉大黒柱です。270角の立派な柱です。隣の四寸角と比較すると大きさが分かると思います。この柱は八角に加工してモデルハウスの中心にたてられます。天然木です。


b0111223_16432285.jpgb0111223_16453658.jpg














455ピッチで掛る75×180垂木です。源平のとても綺麗な材料です。造作材で使えるぐらい年輪が詰まっていて節の無い綺麗な材料が入っていました。




b0111223_1647342.jpg














作業の合間にコウヨウの見学をしました。ドイツ製の最新鋭プレカットが動く横で大工さんが手加工をしています。太鼓梁の加工です。コウヨウ大工さんはとても腕が良いです。





b0111223_1648373.jpgb0111223_1658125.jpg






















もちろん最新鋭プレカットも負けていません。
b0111223_1719100.jpg




今回もサカモトの材料は良い材料が入っていました。鳥取をアピールするのに十分な材料です。この続きがどうなるか気になる方は3/16~3/27東京オゾンでの展示に是非来てください。
[PR]
by MsARCH2 | 2011-02-18 16:39