<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
マンションリフォーム完成しました!
マンションの一室に「木の住まい」が完成しました。
今回ご紹介するのは、小さなお子さんのおられるご家族のためのマンションリフォームです。
現場となったマンションは築30年以上経っていますが、
東南角に位置していて南側には公園の緑が心地よい1階の物件です。
マンションでもMsの新築仕様同様の「木の住まい」が広がります。

b0111223_106534.jpg


今回はお風呂とトイレを除いてすべてスケルトンにしてから仕上げていきました。
b0111223_9511010.jpgマンション規約の工事時間の制約のため、
解体工事含めて約3ヶ月の工事期間でした。
外壁、床等の断熱改修の他、既存サッシ(外壁に面する部分はマンションの共有部分のため、
手が加えられません)の内側に新規のサッシを設けて断熱性能の向上を図っています。
これらはすべて、住宅エコポイントの対象となっています。








b0111223_9515663.jpgまず、玄関で目に入ってくるのは格子戸です。
上部にはFIXガラスが入っていて、格子戸を閉めると玄関スペースと居室スペースとが区切られます。
視界の遮断の他にも、風除室としての役割もあります。
マンションの鉄扉はどうしても断熱面で不利になってしますため、
ここで一度「区切る」ことは室内環境にとってとても大切なことです。
夏場、玄関扉を開けると南側ベランダに通じて心地よい風が通り抜けます。
玄関廻りには式台などに桜や栗、松といった堅木が豊富ですが、床はクルミのフローリングで統一しています。
クルミのフローリングが玄関、廊下、リビングまで続いています。








b0111223_9545478.jpg玄関左手には納戸を挟む形で洋室が2部屋あります。
2部屋と言っても、今はお子さんが小さいこともあって
閉め切られた個室ではありません。
写真左手に見えているのは、間仕切りを兼用した本棚です。
洋室側はもちろん廊下側にも収納可能です。
本棚と壁をつないでいるのは鴨居です。
将来的にここを個室として使用する時に、建具を入れられるように鴨
居とレールは今回の工事で設置してあります。
将来の生活スタイルの変化に対応できるよう設計することは大切です。








b0111223_95883.jpgb0111223_9581699.jpg















一方玄関入って右手には洗面所があります。
白い洗面器にチークのカウンターが映えています。
Ms自慢のカウンターです。住まい手の希望もあり、実験用流しがあります。
カウンター上部には奥行きの小さな棚を設けています。ちょっとしたものを置くのにちょうどいい棚に仕上がりました。
写真右奥に見えている柱型を有効利用して吊収納を設けています。

b0111223_14203830.jpg




廊下を進むとキッチン、リビングダイニングが続いています。
写真右手に見えているのはタモパネルの置き家具です。
写真で見えている背板部分にはサワラを使用しています。
少し高めのこの置き家具は電化製品を置く場として、そしてキッチン手元を食卓から遮る役目もあり、1台2役です。

b0111223_1419321.jpg



クルミのフローリング(左の写真)です。
マンションで無垢のフローリングを諦めている方もおられるようですが、可能です。
奥に見えているのは南側ベランダのサッシです。
既存サッシの内側に新規のサッシを設置しているのが分かります。


ダイニングテーブル(ケヤキ)は5年程前から住まい手さんが座卓として用いられていたもので、今回の引越しを機に脚の取替えを行い、生まれ変わりました。
天板もヤスリをかけて塗装を行いましたが、5年の間も住まい手さん自身が日頃から手入れされていたこともあって、非常にきれいな状態でした。
心地よい木の住まいを実現するには、こういった住まい手さんのメンテナンスが必要です。
手をかければかけるほどこたえてくれるのも木の住まいの魅力です。





7/3.4には、住まい手のご厚意により完成見学会を開催させていただき、
同マンションの住人の多くの方にも見ていただくことができました。
見学会に参加していただいた方の中にはマンションの中に広がる木の空間に驚かれている方や、ご自宅の間取りを思い出しながら自分の家に対して想像を膨らませる方もおられました。
「北側の部屋の湿気がひどくて物置状態になっている」「フローリングだけ貼り替えたい」といった声も聞かれました。
マンションの中でも木の住まいが充分可能であるということを体感していただけて有意義な見学会となりました。

[PR]
by MsARCH2 | 2010-07-07 10:10 | リフォーム
芦屋の家上棟しました!
先日芦屋の家が上棟しました。梅雨の中の上棟です。一番危険な時季に上棟が重なってしまいました。いつも注意してやっているのですが・・・。
そんな中、羽根建築工房が総力をあげて一滴の雨にも濡らさずに上棟工事ができました。
通常土台敷きから屋根の野地板張りまで2日半かかるところを1日半で行う強行スケジュールです!

b0111223_19191517.jpg

1日目に土台敷きから1階の柱、壁(Jパネル落とし込み)まで終わらせ、残り1日で野地板を敷くところまで。
翌日の天気は降水確率100%!今日一日が勝負です!

b0111223_19241016.jpg

いつもより多目に大工さんを投入していただきました。しかも、羽根社長自らも参戦!これはなかなか珍しい光景です。
b0111223_19332094.jpg


芦屋の家は2階にLDKと水廻り、和室、収納スペースを配しています。必然的に2階の面積が大きくなり、キャンチで持ち出している部分などもあります。
b0111223_19462858.jpg

b0111223_1948457.jpg

下から見上げたところです。跳ねだしの部分は特に強度が必要なのでヤング110の集成材(4×9寸)を@910で架けています。Jパネルで水平構面を固め、しっかりした床となりました。

b0111223_2039570.jpg

お昼を過ぎると、もうだいたいの形はできあがってきました。道行く人がみなさんじっとご覧になっていきます(いつもそうですが)。犬のお散歩中のマダムから「積み木みたいな素敵なおうちですね~」と声を掛けていただきました。積み木みたい・・・に見えるのですね。Jパネルを同時に建て込んでゆくのでぱっと見た感じで木材の使用量がふつうの住宅より格段に多いのが分かるのでしょう。実際、Jパネルの落とし込み工法で作るMsの家はふつうの木造住宅で使用される木材の2倍強の木材を使っている、まさに「木の家」なのです。

b0111223_20303271.jpg

芦屋の家の大黒柱。さて、これはなんの樹でしょう?正解は・・・・『キハダ』です。Msでもキハダの大黒柱は珍しいですが、見た目は「クリ」によく似ています。この大黒柱が階段を上がって左右に2本立ちます。キハダは文字通り樹皮(内側の)が黄色い樹なのですが、樹皮は乾燥させて胃腸薬として用いられるそうです(「黄檗(おうばく)」という生薬、ご存知ですか?)

b0111223_20405396.jpg
そして、2階の天井。今回、またまたレングスさんにお願いし、特注Jパネルを作りました。杉赤のこだわりJパネルです。今回は高知の森昭木材さんに材をお願いしました。リビング、ダイニングの天井はこの赤身Jパネルに芯去りの小梁が@606で架かり、上品な仕上がりになっています。

羽根建のみなさんのスピーディーなお仕事で、予定通り野地板を敷くところまで終了!梅雨の中、奇跡に近いです!今回の工事参加者、住まい手、そして設計者の毎日の行いがいいので神様も助けてくれたのでしょう。後片付け、翌日の雨に備え養生を終えた頃にはすっかり夜でした。朝7:30~20:00まで、暑い中ご苦労様でした!
b0111223_20245999.jpg

[PR]
by MSARCH2 | 2010-07-03 20:46 | 新築