<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Msのマンションリフォーム
Msでは戸建ての新築住宅を設計させて頂くことが多いですが、
たまにマンションリフォームのお話を頂くことがあります。

今回は予算300万円、築30年の中古マンションの改装工事をご紹介します。

『築30年のマンションを結婚する息子のためにリフォームしたいんです・・・』

そんなお話からこの計画はスタートしました。
依頼主のMさんは、大阪の都心(梅田まで歩いていけるほど立地のいい場所)
に延べ面積66㎡のマンションをお持ちでした。
今は誰も住んでいないそのマンションをこの春結婚する息子さん夫婦のために
改装したいということ。
b0111223_2113367.jpgb0111223_1913755.jpg
b0111223_21134940.jpg

30年前のマンションですが、管理組合がしっかりしていますので、
マンション全体のメンテナンスはきちんとしています。
しかし内装仕上げは痛んでいますし、
何よりそのプランが現在のライフスタイルに合っていません。
特に若い新婚世帯には実面積の割りに窮屈に感じる住まいなのです。

●余計な間仕切りを全て取り去り、ワンルームとすること
●無垢のフローリングを張ること
●階下への音に配慮すること

これらを基本に限られた予算で、
コンクリートの箱の中に、Msの木の住まいをつくりました。
b0111223_19325916.jpg


b0111223_21262432.jpg
b0111223_21264996.jpg

南側には個室と和室の2部屋ありましたが、「もったいない!」
間仕切りを取り去り、広々としたリビングに。
壁と天井はビニールクロスから珪藻土クロスに張替えました。
真っ白で優しい手触り(表面はコットンなのです)、
調湿性があり気持ちのいい空間になりました。

b0111223_21322378.jpg

マンションでも無垢のフローリング材、張りたいですよね。
今回は幅広の唐松のフローリング材。
色目が明るく空間があたたかに。

問題になるのは“階下への音”です。
防音等級LL-45対応の防音マットを敷き込み解決しました。
予算があまりなくても、ご近所への配慮は必要です。(住まい手がストレスなく暮らすためにも)


b0111223_2122174.jpg

b0111223_22101619.jpg

リビング南面の開口部には障子を新設。
空間全体を上質にしてくれますし、何より断熱性能があがります。

b0111223_2137431.jpg

既存の間仕切りをほぼ取り去り大きなワンルームに。
でもそれだけでは実際どう暮らしていいかちょっと困ってしまいます・・・。
そこで、こんな装置を空間の真ん中に設置。
高さ1.7m 奥行き60cm 長さ3.7mの収納家具です。
Msでおなじみのトラパネで大工さんに造ってもらいました。
上部が抜けているのでワンルームとしての拡がりは残しつつ
やわらかくスペースを区切ることができます。
この収納は生活スタイルの変化に合わせて動かすこともできます。

b0111223_2143223.jpg

収納の裏側。
このスペースは、書斎スペースに、納戸として
カーテンやロールスクリーンで仕切って自由に使ってもらえます。

b0111223_2146493.jpg

ベッドルームからリビング方向を見て。
右手にある引き戸はダイニングキッチンとの間仕切です。
マンションで引き戸にすると、ガラガラという音がまた階下へ・・・。
なので、吊りレールで建具を吊っています。

結局、工事費は設計料を入れ390万円程度に。
少し予算オーバーですが、住まい手さんからは
「イメージ以上の仕上がりです!!」と嬉しいお言葉。
特に無垢のフローリングが張れるとは思ってなかったらしく、
とても喜んでおられました。
リフフォームでも新築でも
「無駄を省いてシンプルに、あたたかな木の住まいをつくる」
Msの基本はおなじです。

[PR]
by MsARCH2 | 2010-02-24 22:14 | リフォーム
智頭杉の住まいが完成しました!(長期優良住宅の住まい)
豊中市に完成したこの住まいは、30代のご夫婦と生まれたばかりの娘さんの3人が暮らしはじめる住まいです。

b0111223_11263051.jpg

住まい手のNさんは、土地探しの段階からご相談をいただき、お付き合いさせていただきました。4~5件程度を一緒に巡り、決定した土地が豊中市の約100㎡(30坪)の敷地です。
豊中市は大阪のベッドタウンで敷地も住宅地のど真ん中ですが、土地の選び方によっては、写真のように日光が住まいを包み込む気持ちの良い住まいも実現できます。

さて、建物についてですが、
タイトルの通り、鳥取県智頭町にある株式会社サカモトの智頭杉を構造材として初めて使用ました。山陰の風雪に耐えて育った智頭杉は、吉野杉にも負けないくらい力強く美しい材料です。施工は、羽根建築工房。数多くのMsの住まいを施工していただいている頼りになる工務店です。



b0111223_1331489.jpg

南側外観です。隣接地は旗竿敷地が2軒続き、日当たり良好です。
小さな庭や、Ms定番の吊りバルコニーにより、外部へ開放的な空間をつくっています。
バルコニー手すりや境界塀を横格子で統一し、外観がすっきりした印象です。



b0111223_1132552.jpg

アプローチは、東側の道路からです。
軽自動車の駐車も可能な奥行きをもたせた空間に、玄関があります。
アプローチに敷きつめられている石は、鉄平石です。
住まい手のお父さんの仕事柄、自らで段取りされた石を、使用しています。
玄関やトイレに利用した大理石もお父さんに腕を揮っていただきました。
玄関には、鎧網戸も設けました。外からの視線を遮りながら、風通しの確保が可能な優れものです。



b0111223_11265746.jpg

玄関を入ると、前回のMs日記(西宮A邸竣工)でも紹介した
李朝風の木製格子戸があります。
玄関とリビングを仕切り、風除室の役割も果たします。
ガラスは、透明ではなく、和紙調にしています。
開け閉めによって、空間の変化が楽しめます。


b0111223_1132407.jpg



b0111223_13325575.jpg

1階は、リビング・ダイニング・キッチンがワンルームとなっています。
床は、土台・大引きの上に張った唐松のJパネルをそのまま仕上としました。
日当たりが抜群で、自然の心地よい温もりを感じます。



b0111223_1345228.jpg

ダイニングテーブルの奥は、キッチンです。
キッチンカウンターの手元を隠すため、食器収納を間にはさんで間仕切っています。

キッチンは、メーカーのものは、Msでは使用しません。
Msのオリジナルで天板はステンレスのプレスメーカーに発注することで、リーズナブルにできています。
キャビネットしかない状態で、約60万円ほどでできます。


b0111223_13494188.jpg


b0111223_1417571.jpg

トイレには、Ms定番のITOIボールを設置しています。



b0111223_1351345.jpg

2階は、フリースペースです。寝室や書斎・収納を自由にレイアウトできるように、固定壁での仕切りはありません。
本を多く所有している住まい手に合わせ、階段の壁なども有効に利用して本棚を設けています。
部屋を仕切る本棚は、移動式で、必要に応じて自由にレイアウトを変更できます。
2階の床は、智頭杉のフローリングです。板の表面はうづくりという仕上で、板の目に合わせて、波を打つような脚触りのとても良い材料仕上げになっています。


b0111223_1352552.jpg

b0111223_1435026.jpg

収納スペースも設けています。
ハンガーパイプを左右に取付け、収納量も十分です。


b0111223_14135257.jpg

吊りバルコニーとデッキを設けています。軒下には、物干しが1列に並びます。



b0111223_14244161.jpg

先日は、住まい手のご厚意により、完成見学会を開催させていただき、多数のご参加をいただきました。
来月は、富田林市で完成見学会を予定しています。興味をお持ちの方は、是非ご参加ください。

完成見学会のご案内 (大阪府富田林市)
3月13日(土)・14日(日) 10:00~14:00

Msの長期優良住宅先導的モデル+長期優良住宅の見学会を開催いたします。
見学会案内・申込はこちら!


[PR]
by msarch2 | 2010-02-15 11:25 | 新築
西宮市A邸竣工
先日、西宮市のA邸が竣工しました!
和歌山の廣本林業+コアー建築工房の仕事です。
この住まいは御夫妻おふたりのための住まいです。
長年あちこちの都市に住みようやく終の棲家を定めて
これからゆったりゆっくり、楽しく暮らすための住まいです。

Msでも年配の方の住まいだと、木材(床、壁、天井)の品質をよりをかけて吟味します。
若い世代はエネルギーもあり、器のしっかりした、ざっくりした住まいで充分なのですが、
人生色々と良いものを見物したりすると、上質な住まいを望まれることが多いのです。

構造・断熱性能・メンテナンスについては長期優良住宅物件ゆえ、
性能は充分すぎるくらいあります。
Msの特質は空間のデザイン、住生活の使いやすさ、木材の品質が特に優れている点です。


b0111223_20505063.jpg
■リビングダイニング
間口5.4mで柱のない大らかな空間が広がります。
大空間だと気持ちがいいです。
南からの日差しがやわらかくクルミのフローリングに光をなげかけています。
天井は吉野杉のJパネル赤味が美しいのです。
もちろんこの杉の梁、田辺の廣本林業です。綺麗です!

吊戸棚も舞良戸といって杉の赤味の引戸です。
三澤が赤味の板を常備していて建具屋さんに作ってもらっているのです。
ちなみにこの赤味・無地の建具、
普通に注文すると1枚3万円はかかりますよ!!
Msだと半分です。

ソファはいつもは赤のソファですが、住まい手の要望で白です。
白もなかなか清楚で美しいのです。


b0111223_2059574.jpg
リビングダイニングの中でこの大黒柱はチークです!
そしてキッチン天板もチーク
オープンキッチンの中で広々とした生活が大好きだという住まい手の希望が叶えられました。


b0111223_210294.jpg
b0111223_2142518.jpg
最近よくデザインしているのはこの李朝風木製格子戸です。タモという堅木を台形状に加工しています。
ガラスは手吹きガラスなので向こうの景色がゆらめいて見えます。
ガラス一枚だとあぶないので格子があるとデザインにもなってここちよい空間の見せ方ができます。真ん中の大黒柱は栗です。



b0111223_2110933.jpg
■玄関
通り抜けの玄関土間南側の庭に庭師さんが直接出れるようにつなげています。
床はトラバーチンの大理石。
右の収納棚の引き違い建具は住まい手が昔住んでいた家の建具です。
下足入れは韓紙の扉にしました。



b0111223_21103815.jpg
■北側外観
たて格子が印象的です。
道路から3Mセットバックし、植栽スペースをたくさんとったので、
四季折々いろいろな枝葉、花が彩りを添えてくれます。



b0111223_2110553.jpg
■アプローチ土間
コンクリート洗い出し、御影石小端立ての植栽スペースです



b0111223_21142088.jpg
南側2階跳ね出しのデッキと1階もヒノキの濡れ縁があり
2階の庇が1.2m跳ね出しているので雨天の時も助かります。



b0111223_21161244.jpg
お風呂は奥様の特に希望の三方窓です。
特に天井トップライトから太陽光がはいり朝風呂が大好きな住まい手のご馳走です。




b0111223_21455151.jpg
トイレの手洗い鉢です。
陶芸家の糸井さんにいつもお願いして作っていただいているITOIボール。
Msの定番です。
排水目皿のところに水が溜まらないよう細かい仕上げがされています。
このITOIボールはMOKで販売もしています。



b0111223_21554135.jpg
棟梁にお願いして、オリジナルのポストを作ってもらいました。
タモでできています。トップに丸みをもたせ水仕舞いもバッチリです。
玄関まわりに違和感なく溶け込みます。



b0111223_2150853.jpg
2階個室と和室は引き戸で間仕切っています。
普段は開放して広々、
独立されたお子さんやお孫さん、お友達など
お客さんがこられた時には2部屋として利用できます。
天井と建具は韓紙貼りです。
写真では分かりにくいですが、和紙独特のムラ(模様)があり、
趣のある仕上がりとなっています。


A邸は住まい手の要望から太陽の光をたくさん取り入れた開放性のある住宅です。
いつも明るく朗らかなAさんご夫妻にぴったりの住まいとなりました。




完成見学会のご案内 (大阪府豊中市)
2月6日(土)・7日(日) 10:00~14:00

Msの長期優良住宅見学会を開催いたします。
見学会案内・申込はこちら!

[PR]
by MsARCH2 | 2010-02-01 10:32 | 新築