<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Msのメンテナンス
1985年から設計事務所をはじめて、300軒近く仕事をしていると、必ずメンテナンスが普通に発生してきます。車だって2~3年に1度は重点的に検査しますが、建物は静的なものです。動きませんが、自然素材の「木の住まい」も10年を節目にメンテナンスをしてゆかなければ、50年(半世紀)はもちこたえないように思うのです。
2001年4月に竣工したT邸。先日、「白蟻がでました!どこか信頼ある白蟻業者を紹介してほしい」との電話があり、今回白蟻業者と大工も連れて現地にゆきました。
住宅の中に入りましたが、30mmの天井板・柱・梁材とも美しすぎます。(最上のものです。)
今も光り輝いています。
この住宅は、奈良研の室生森林組合から樹齢70年以上の赤身の杉を直接購入し、土台は能登ヒバ、基礎のパッキンはクリ、そしてJパネル・Dボルトを使用する現在のMsの仕様です。このころから、そとん壁という外壁の左官材を使用しています。9年以上経っていてもきちんと庇が大きく伸びている壁は、プロテクトされているのです。
(どんなに耐久性のある壁材でも環境条件が全てです。)
b0111223_18533539.jpg


この5月・6月が白蟻が活発に行動する季節です。この住まい、パーキングに枕木を敷き詰めています。
まず、ここが白蟻のごちそうになってしまいました。9年も経ってくると広葉樹の枕木も一部がぼろぼろとなり、腐っていました。その一部分が白蟻の巣となり、この様子です。
(イエシロアリです。)
b0111223_1742628.jpg

b0111223_1991746.gif


カーポートの引戸、玄関の引き戸と同様に木の建具でよく今も使用します。この住まい手の引き戸の表面材は内地カラ松(長野)。耐水性もよく表面は腐ってはいませんが、下端の小口から雨水がよくあたるので、一部ぼろぼろ状態。戸車のあたる所が腐食して埋木をしなおして、再利用です。10年近い修理をすると、メンテナンスでよく勉強になります。
反省も含めて、耐久性という言葉と図面の内容をどこまで具体的に近づけるかがポイントです。
b0111223_1743713.jpg

b0111223_174322100.jpg


南面に隣家がせまっているので、タテ格子を全面的に南面からバルコニーごしにもちだした格子。これも室生森林組合の杉赤味で常に軒下で空気にさらされているので、年経っても大丈夫です。ところどころ黒カビが点々とついているだけで、このカビはアルコールでふけばすぐとれます。
b0111223_1743519.jpg

b0111223_17441062.jpg


浴室はコウヤマキの木風呂です。この部分に白アリがよっています。
b0111223_17442960.jpg

b0111223_19101966.gif

床下点検口がなかったので、物入の奥をやぶってみたら、床下が浸水状態です。土間コンクリートから2cmくらいに水がたまっていて、床下の炭袋がボトボト状態です。
b0111223_1745312.jpg

今の施工、お風呂はユニットバスか現場でつくる時、防水をほどこすのですが、9年前はまだMsその技術になっていませんでした。
じゃあどこの家でももれているのと問われれば、すべての家の浴槽の部分でもれています。影響がないのは、かつての住まいといえば(現在も布基礎だけの家も多いですが)土間コンクリートなんか絶対うっていません。すこしずつもれた水は土の中にしめってゆき、いずれまた乾くという繰り返しです。(布基礎のみですから)
蟻道がみえます。土台がヒバです。クリパッキンも問題ありません。
処理として、浴室側カベに防水し、念のため穴を土間にあけておくことにします。

[PR]
by msarch2 | 2009-05-27 17:45 | メンテナンス
近況
この所、多忙でした。
超長期優良住宅の締め切りが最終6月なので、駆け込み申請が数件あり、
Msのプレゼンテーションが数件同時にありました。

大阪は今日、午後から五月晴れです。

Msは千里ニュータウンの中にあり、10k㎡(3.3㎞×3.3㎞)の中に10万人住んでいます。
日本の人口密度が確か1k㎡辺り370人くらいだった思う。その300倍の密度で人が住んでいます。
44年前に開発され1970年の万国博覧会EXPO70で廻りのインフラがブレイクして、
とても交通機関の充実した街になり、Ms三澤はここに23年間住んでいます。

通勤時間3秒
最近は朝、夜明けが早いので嬉しいです。
いつも朝3時半起床、夜10、11時にスタッフが作成した図面をチェック、
朝8時半にスタッフが出てくる頃には私のチェックが終わっているという、
とても時間が有意義に使われています。
その代わりといっては何ですが、夜は巷の小学生の就寝時間より早いです。
実は9時には寝てしまっているのです。

私の家にはチャケという猫がいて、私が9時に寝る頃に察しをつけて、
私のベッドで寝ているという毎夜の風景です。
実はチャケも3時半には起きて来て、いつも私が朝御飯をあげています。
そのチャケも13歳、いつまで一緒に家族としていてくれるのかと毎日祈っています。
長生きしてね、チャケ!


閑話休題
b0111223_9292682.jpg
五月晴れの中、連休中に毎年の風物詩のゴーヤの網掛けをしました。
全部で12株植えつけてから10日後、やっと網にツルを巻きつけたのが昨日でした。
これから9月末日までMs事務所の大開口のガラス面を緑で彩り、
日陰を作ってくれます。























b0111223_9295495.jpg

















このピンクの花をつける木、エゴの木です。

毎年5月の連休に鈴なりの花を付けます。Msには白とピンクの2本のエゴの木があり、
この花蜜をご馳走にハチがいっぱい飛んでくるのですが、今年はおかしいです。
ハチが少ないと新聞、ニュースでも聞いていたのですが、これでは実がならないのではと、
心配して刷毛を取り出してきて、花弁を刷毛でかき混ぜて、受粉するようにしてあげても、
10~15本くらいしか出来ません。
諦めていたら今日の朝、クマバチが3匹エゴの蜜を吸っていました。
一安心。


b0111223_9302974.jpg
紫陽花(アジサイ)。梅雨の花といえば、この花しか思い浮かびません。
なんとこの花は日本原産なのです。
ガクアジサイが日本のもので改良した球形のものがセイヨウアジサイ。























Msの庭にもアジサイがたくさん植わっていて、花が少ない夏の庭にサルスベリとアジサイが
色を添えてくれます。

b0111223_9312425.jpg







[PR]
by MSARCH2 | 2009-05-14 09:21 | その他
「箕面の家」構造見学会
5月9日(土)箕面の家の構造見学会を開催しました。
当日は暑いくらいのいいお天気で、青空のもと見学の方をお迎えです。
b0111223_2053844.jpg


実は今回の見学会、MOKスクールやHPなどで告知したところ、なんと60人もの方に申込み頂きました!
Ms超長期住宅の第1号ということだからでしょうか、設計や施工などプロの方の参加が特に多かったようです。
b0111223_207215.jpg

芋の子を洗うようです・・・


まず、超長期住宅の仕様について、MsのJD工法(JパネルとDボルトを使った工法)について、断熱性能についてなどを説明。
下の写真は床の水平講面について説明している三澤です。
b0111223_20922100.jpg

Jパネルの床倍率は四周釘打ちで3.0倍の認定をとっています。
壁の耐震性を重視しがちですが、水平講面を固めることも同じくらい大事です。
火打ち梁がいらない、天井の化粧材にもなるJパネルはとても優秀です。

みなさん熱心に耳をかたむけ、メモをとられていました。

実は、超長期住宅の仕様といっても普段のMsの仕様とさほど変わりはなく、
基礎をより強固な仕様にし、パッシブソーラーのシステムを導入したくらいなのです。
Msでは何年も前から「長持ちする強い家」を意識して家作りを行ってきたということです。
(基礎の性能など詳しくは超長期実況を参照下さい)

説明の後は1階と2階で自由に見学をしていただきました。
b0111223_20114822.jpg

b0111223_20133025.jpg



その際、質問を頂いた中で特に多かったのは、Jパネルの施工について。

「腰窓下のJパネルは、どうやって納めているのか?」

Jパネルは、柱に入れた深さ12mmのしゃくりに落とし込み、施工します。
ところが、サッシが取り付くところにはしゃくりが無い。
b0111223_20193574.jpg


「どうやって落とし込むの??」

ということです。

これはそんなに難しいことでもないのですが、
まずJパネルを据えてから柱を立て、横から挟むように施工します。

Jパネルの落とし込み工法は初めて行う場合は戸惑うこともあるようですが、
慣れればそれほど技術のいる工法ではありません。

興味のある方は是非一度使ってみてください。


※今までに例のない参加者数に、嬉しい反面、少し心配もしていたのですが、
みなさんとても静かに、丁寧に見学していただき、無事に見学会を進めることができました。
参加者の皆様、「ありがとうございました」

[PR]
by MsARCH2 | 2009-05-11 21:45 | 長期優良住宅
超長期2件目! 浜松の家 配筋検査
浜松の家は浜松市内の住宅地、敷地南側は地区公園。とても広い敷地ゆえ、私が平屋建ての住まいで十分ですと住まい手に言うと、「エッ!!てっきり2階建てが普通だと思っていました・・・」と結果として2階建てになりましたが、限りなく平屋に近い住まいです。Msのクライアントは建築士の方も多いのです。この浜松の施主も建築士で施工会社をしています。そしてMOKスクールの生徒です。前回のMOKスクール天竜T.Sドライツアーで製材工場を見学に行き、「浜松で家を建てるならT.Sでやらなくてどこでやる」とけしかけました。(半分冗談です)が、そんな熱意で実現して、今日、配筋検査となりました。

b0111223_1784041.jpg

全体写真です。敷地は100坪近くあります。贅沢に建物を配置できます。大阪では考えられません。

b0111223_17103476.jpg

b0111223_17105396.jpg


とても綺麗な仕事です。図面の指示通り配筋されていました。スラブ部分はD13、200ピッチで配筋しています。この鉄筋の下に敷き詰めたシート。ただの防湿シートではありません。防蟻材入りのシートなのです。超長期仕様です。


b0111223_17145051.jpg

超長期速報(箕面の家)でも出ていたと思いますが排水配管(サヤ管)です。この配管の中に排水管を通すのでコンクリートを壊すことなく排水管のメンテナンスが可能です。もちろんこの配管をする場所は鉄筋も補強してあります。

b0111223_17211891.jpg

内部型枠も終了です。アンカーボルトとホールダウン金物用アンカーボルト(M16)をセットしていきます。


b0111223_1751783.jpg

型枠固定に使うジャストクリップを利用してアンカーボルトの位置、高さを正確に出しています。もちろんアンカーボルトの下端は立ち上がり配筋に留めてあります。

b0111223_17251329.jpg
b0111223_1825749.jpg


この日加工場にJパネルが搬入されました。搬入された枚数・・・なんと300枚です!1枚0.059㎥として17㎥もあります。構造材よりも多い材積です。防火仕様用のJパネルも搬入されていました。Jパネルは外壁15㎜の本実板と組み合わせることで防火構造の大臣認定を取得しています。これにより法22条地域での延焼の恐れのある部分や準防火地域で木部表しの外壁が可能となっています。詳しくはこちら。※Jパネルは静岡:丸天星工業、鳥取:レングス、徳島:山城もくもくの3社の製品に限ります。今回のJパネルは静岡の丸天星工業のJパネルです。構造材は天竜T.SドライでJパネルも静岡の丸天星のJパネルです。ウッドマイルズ(木材平均輸送距離)で考えても相当なCO2削減になっています。浜松の家は平均的な木造住宅の倍ほどの木材を利用した(しかも県産材)まさに「静岡の木の家です」       これだけ県産材を利用しても補助金は抽選のようですが・・・
[PR]
by MsARCH2 | 2009-05-02 16:58 | 長期優良住宅