<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Jパネル性能アップ!!・・・大臣認定へ

国交省地球木造住宅活性化事業
国土交通省の補助を得て、Msが10年前から手掛けている杉三層パネルの耐震性能・防火性能がやっとこの3月で見極めることができた。
多くの工務店・設計者がJパネルを使用しているが、壁倍率という構造用面材の剛性・強さが2.5倍であった。
これは、べニア12.5mmと全く同じなのです。
新しく構造試験の基準が変わった中で、Jパネルも再度剛性の試験をと思っていたが、なにぶん試験費が、500万円ほどかかる中で、中小企業として指をくわえているしかなかったのですが、
国交省の今回の事業で、なんと大臣認定に対してもお金が出るようになりました。とてもうれしい!!
3月末までの大臣認定試験で、2Pで3.6倍、1Pで3.2倍といただき、新年度あたりから、この数値で構造に載せることができます。(ただし大臣認定が下りるのは、5月すぎ)


b0111223_19572376.jpg

b0111223_19574095.jpg

b0111223_1958511.jpg

b0111223_19581592.jpg


「準耐火性能」
去年、防火構造としての大臣認定をとり、今回のテーマは、準耐火構造であった。
市街地の中で、3階建の木造をつくる時、ネックになってくるのが、室内の壁天井の木部である。
日本の法律では、市街地でせっかく木造で建てたとしても内装・天井構造材は防火の内装制限を受けて、木部を現しにすることができない。
これを突破するためには、実物大の試験をして、火が45分間(屋根は30分間)燃え抜けないこと確認して、大臣認定を取るしかないのである。
30分の防火構造に比べて、45分という時間はハードルが高い。
防火研究の安井さんと打ち合わせをしながら、Jパネルにもう1枚防火上有効なパネルを付け加えることで、
今回45分をクリアーしている。
屋根・床・壁とそれぞれに対しての大臣認定をとり、今年初夏頃からは、念願の木造3階建て内部構造体現しとして成立する運びとなった。


b0111223_19582897.jpg

b0111223_19583928.jpg

b0111223_1958485.jpg

b0111223_19585999.jpg


Jパネルの実験と研究を続けること10年。Jパネルの進化は今年でようやく品質・性能のグレードアップを図り、定義した。
後は、よりたくさんの方々にこの杉三層パネルを使用してもらうだけであろう!!

[PR]
by msarch2 | 2009-02-26 19:32 | その他
宮崎から屋久島へ
宮崎市内の住まい手から「木の住まい」を依頼された。
住まい手は以前、日向市内で建てた平屋のイブシ瓦の住まいも外から見学されている方で、
自然素材、自然熱エネルギーへのこだわりを強くもつ方である。
奥様のおじい様が植林した杉を今回の「木の住まい」に利用したい。地産地消の住宅に住みたいと。
宮崎市内から車で30分ほどの所に山林があり、40数年生のオビ杉がある。
ミカン畑と杉山とが共生していて、のどかな風景が広がっています。
   b0111223_16591520.jpg      b0111223_170113.jpg












ご存じないかもしれませんが、宮崎県は全国一の杉の生産量を誇っています。杉だらけです。
四国、九州の杉山は特に冬目(年輪の濃い部分)がはっきりしてワイルドな感じがします。
年輪が43本ありました。ただこの分量だけでは一軒の住まいの構造材としては不足です。
土台、柱、梁は長寿命の住まいを創るためにも、高齢木60~70年の樹が必要です。
樹の外側の白い部分の少ない赤味勝ちの杉丸太がどうしても必要です。
谷口工務店は以前から地域材を使用している関係で、この周辺の杉丸太が蓄積される宮崎木材市場に
杉丸太を見に行ったところ、この季節、1年でいちばん杉丸太が集まっている。
この70年生の杉、とても素晴らしい。
主要構造材はこれでゆく!と。住まい手、工務店、Msで意見が合致!! 
どんぴしゃのタイミングでした。
b0111223_1711477.jpg












途中、田野町を車で通り過ぎると、何かとても見たことのない風景がありました。
谷口氏いわく、田野町は切干大根の全国一の産地なのです。いったい何本あるんだろう・・。
絶景です!!
b0111223_1714398.jpgb0111223_1843358.jpg











その夜は住まい手、谷口工務店、Msの三者顔をあわせての親睦会。
関西であれば酒といえば日本酒ですが、九州は焼酎です。
宮崎の地鶏もとてもおいしすぎます。
次の日、早朝からバスで移動し、鹿児島空港から屋久島でY邸の現場監理です。
私は天下御免の晴れ男です。どんな悪天候でも、私が現場に行くときは晴れています。
屋久島も先週まではずっと雨で、風も強く、屋根工事がなかなか終わらなかったようです。
 b0111223_1722591.jpg
b0111223_1724236.jpg











双発機ボンバルディア(カナダ製)に乗り、上空3,500Mから桜島・開聞岳がよくみえます。


この雄大な屋久島!!この遠方の山の中に今回の建設地があります。
すごい光景です!!!
屋久島は火山島ですめずらしいことにすべて岩山なのです。
b0111223_1924880.jpg











屋久島はすでに春です。梅、レンゲ、菜の花が同時に咲き、気温20℃。
このY邸いままでもMs日記で載せていますが、雨がふっても大丈夫なのです。
高床式の住まいなので、床下で十分建築資材がおけるし、作業もできます。


   b0111223_173829.jpg
b0111223_1733120.jpg










b0111223_1735079.jpg













外壁は杉のラフ(製材したてのギザギザ)の18mmなのです。
軒先が1.4Mもでていて、外壁を雨から守ります。
Msはいつもオスモ塗料(ドイツ製)、今回は外部環境が厳しいので、
オスモカラーウッドステインプロテクター、強靭です。
また杉板の表面がギザギザなので、とても吸込みが良すぎます。
予定であれば1缶あれば十分なのですが、倍使用しました。
それだけ耐久性のよい外壁になったということです。
あと2か月もたたずに完成の予定です。廻りをグルグル見渡しながら感心しました。



b0111223_1855592.jpg

大阪であればただ単に仮設トイレを置いているだけですが、
さすが屋久島、台風銀座なので、飛ばされないように
コンクリートの重しががっちりと固定されています。







室内作業も順調に進み、天井裏にはびっしり、断熱材を入れます。
(断熱材:パーフェクトバリア、ポリエステル製)
亜熱帯でも、この山中は寒いのです。

天井板も美しく、これは大分の横尾製材が入れてくれました。
節はまったくなく、後1年もすれば白いところ、赤いところのムラがわからなくなります。
(なぜかって、太陽光線で杉板が焼けてくるからです。)

     b0111223_18511955.jpg
b0111223_18514045.jpg本間製作所の薪ストーブ 
100Kgあります!!















仕事も一段落して、私は迫くんを現場に残し、少しリラックスタイム・・・尾の間温泉(かけながし)です。
少し温度が高めですが、とても気に入っています。
11時頃はいったので、だれも入浴していません。しめたとばかりにカメラを持ち込んで浴室の風景です。
浴槽の下には玉石が敷き詰めてあり、温泉が少しグリーンです。
1人悦楽の時間です。この温泉があるので、屋久島の現場楽しいのです。


b0111223_17521159.jpgb0111223_17523960.jpg












     b0111223_1859534.jpg
b0111223_18592495.jpg
[PR]
by MSARCH2 | 2009-02-12 17:11 | 新築
北欧三都巡り
友人からメールを頂いた。
[最近のMs日記、動きがないが三澤さんは入院でもしているのかと思い心配していました。」
ありがとうございます。親しい方にそういわれること、とても嬉しく思います。
12月末から2月始めまで国土交通省の超長期に採択されたことや、
Jパネルの防火・構造の大臣認定などでMsは多忙の毎日でした。
1月の下旬、恒例になっていますが、家族3人で極寒の北欧に行って参りました。
私はヘルシンキは6回目、娘は3回目、文子さん4回目と家族みんな北欧の文化が大好きな家族です。
北欧のデザインが建築設計している者にとって、とても身近で感じるのと、ヨーロッパの観光と違って、
人口も少なく、物静かな街並みがとても大好きなのです。
皆さんもご覧になったヘルシンキの下町が舞台になった
「かもめ食堂」(出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ)も、
映画のシーンはとても静かで透明感のある街並みが出てきます。
私たちの住んでいるアジアはとてもバイタリティがあり、人口も多く喧騒の中の動きのある街です。
日本もそうですが、建物の壁は広告を取り付けるための壁となりさがり、街の静寂は広告音の中に
跡形もなく、TVはバラエティ番組しかない中、北欧は全てが逆なのです。
いつもは、関空からフィンエアー(フィンランド航空)で行きます。
北欧の旅はこのフィンエアーから始まります。今回は、まずコペンハーゲン(デンマーク)で一泊しました。 
デンマークはデザインの第一人者といえば、アルネヤコブセン。
彼の代表作といえるSASロイヤルホテル、コペンハーゲン駅の目の前に唯一高層建築としてのホテルがあります。
すべての調度品をヤコブセンがデザインしています。


 b0111223_1431560.jpg
b0111223_14315531.jpg











客室のデザイン、今から40年も前の建物ですが、ヤコブセンのデザインは古びることなく今も新鮮に感じられます。
現在のデザインはとても短命です。1~2年もすれば、ファッションとして使い捨てられてしまう中、北欧だけでなく、
日本のデザインも1950~1960年代がとても華やかに開花した時代ではないでしょうか?
日本の柳宗理のイス・スプーン・調度品など今も新鮮に現代の若者に利用されています。


 b0111223_1434374.jpg
b0111223_14345273.jpg












コペンハーゲン郊外のルイジアナ美術館
郊外の森の中にうまく位置付された美術館です。
驚いたことに日本の「MANGA」がとても大きな話題を呼んでいます!
「江戸」「動画」「バイオレンス」「エロ」「妖怪」「浮世絵」などMANGAの紹介があり、
老人から子供まで大好きそうでした。
日本人として、少し嬉しかったです。



そして、三都物語の三番目はViennaウィーンです。
去年はチェコのプラハ共にアールヌーボ、ゼゼッションと1900年代初頭の新しい文化芸術の誕生がここにあります。
プラハとウィーンはたった数百キロしか離れていません。

郵便貯金会館
b0111223_14354326.jpg
ウィーンといえば設計者の誰もが
訪れるオットワグナーの代表作です。
この当時、開発されたアルミニウム、
永遠に錆びない金属をいたるところに
使ってのデザインがあります。
(当時ステンレスは未だ世に生まれていません。)










オットワグナーはウィーンの駅を50以上もデザインしたのですが、
現在残っているのは、たった3つしかありません。
日本では今から100年近く前に建てられたお寺だけが残っているが
商業建築で100年経ち、それが今も使用されているものなどありません。
東京タワーでさえ、50年であれだけ大騒ぎされています。

b0111223_14363715.jpgb0111223_1437624.jpg

[PR]
by MSARCH2 | 2009-02-09 11:56 | その他