<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
激走!!丸紅ランバー木配りリレー
5/8に着工した奈良市のU邸と5/11に着工した愛知県津島市のH邸のプレカット打合せ、構造材木配りを三重県松坂市にある丸紅ランバーのプレカット工場にて2日間かけて行いました。
丸紅ランバーは真壁対応のプレカット工場で大工の手作業にも負けない技術をもったプレカット工場です。(一部手加工しています)
MsではDボルトの収まりから柱のJパネルのシャクリ位置まで図面を書きます。継ぎ手の位置、収まりに無理が無いかプレカット図面担当者、加工担当者に同席していただいて打合せをします。打合せは2時間~3時間ほどかかります。午前中に打合せを終了させて午後より構造材の木配りです。木配りとは材の適材適所を見極めて構造材を配置していく作業です。普通は大工の棟梁が行う作業で設計事務所が行う作業ではありません。木にこだわり、木を知っているMs建築設計事務所だからこそ行える仕事です。午前9時頃から始まって、全ての作業が終了するのが午後4時ぐらい、一日作業です。

5/20 1日目
1日目はU邸のプレカット打合+木配りです。延床50坪の2階建て、以前Ms日記で紹介したように木材は奈良県吉野の阪口製材の杉です。


①丸紅ランバーの倉庫に並べられた構造材、写真は梁や桁、小梁になります。柱も同じ量あります。とても大変な作業です。しかし夜は松坂牛です。 頑張るぞー!!
b0111223_18582036.jpg


②含水率も1本1本しっかり測ります。天然乾燥にしては優秀な数値がでていました。
b0111223_185917100.jpg


③阪口製材さんといえど良材ばかりではありません。野物に近い写真の材は返品です。こうして自ら木配りをすることで、見落としがちなミスを防ぐことができます。木材業者任せにしていては構造材現しの家はできません。
b0111223_1931037.jpg


④左から大工さん、三澤、担当者です。適材適所を見極め思案中です。
b0111223_1935656.jpg


⑤大黒柱に使用されるセンの柱材(9寸角)です。なぐり加工してあります。4方無地で美しい材です。この材は数あるMsの在庫より選んだ1本
b0111223_194287.jpg


⑥U邸はとにかく構造材が多いです。工務店、Msスタッフ共にくたくたでした。4時間重い木材を運び木配りする作業は本当に大変です。
b0111223_1952588.jpg


5/21 2日目
松坂に1泊して2日目です。前日の夜は丸紅ランバーの山本さんと焼肉で鋭気をやしない。2日目はH邸のプレカット打合+構造材の木配りです。


①H邸は延床24坪の2階建てです。構造材は静岡天竜にあるTSドライシステムです。新月伐採で有名です。梁の上に見える文字は落書きではありません。一本一本の梁の大きさ、長さ、使用場所が書かれています。

b0111223_1962079.jpg
b0111223_196546.jpg



②大工さんと思案中。大工さん曰く「木配りの出来る設計者。初めてみました」とのこと。Msでは当たり前の作業です。
b0111223_1982376.jpg


③含水率優秀です。天然乾燥でも十分にこのレベルまで落すことができます。
色艶も失うことありません。すばらしいです。

b0111223_19905.jpg


2日目は前日の疲労もあり、若いスタッフ2人も体のあちらこちらが痛んでいました。しかし実際上棟前に構造材を木配りすることで、上棟時にどのように見えるのかとても勉強になります。
[PR]
by MsARCH2 | 2008-05-26 18:55 | 新築
MOKスクール2008 徳島ツアー
5月17日 MOKスクールでは毎年春と秋、林産地を訪ねる見学ツアーを行っています。
今年の春は徳島のTSウッドハウス協同組合へ行ってきました。
TSウッドハウスは震災の年1995年に林業家5人が立ち上げた協同組合で
日本で最初に林業家発信の家づくりの材料供給を提唱したグループです。

b0111223_15374344.jpg

1996年竣工のモデルハウス。
無塗装の外壁杉板は10年以上が経過し、味わいのある表情に。

TSウッドハウスの中心的林業家、和田善行氏。
葉枯らし乾燥・天然乾燥など山へのこだわりと、
それを扱う大工職、
日々の木部のメンテナンス等、
木にかかわるすべてのことについて説明を受けます。

佐々木材木は主に板材を中心に挽いている製材所。
TSウッドハウスでは山での3ヶ月の葉枯らし乾燥後、約4ヶ月以上の桟積乾燥を守り続けている。
整然と桟積みされた板材。いい仕事です。
b0111223_15381525.jpg


杉のフローリング表面を熱圧ローラーに通すことによって、少し表面強度が上がり、
光沢もでます。
商品名は「こもれび」
杉は柔らかいからと言われている方に朗報。
(ア)15で坪20000円ほどしますが。
加工機からでてきたフローリングを触るスクール生。
b0111223_15391123.jpg


最後に訪れたのは三枝林業。
荒挽後桟積されたストック材の前で説明する和田氏。
構造材は桟積後、直角2面鉋盤で仕上がり状態にして出荷される。
都市部であえて無駄なゴミを出さないため。
b0111223_15394210.jpg


現在日本各地で山側とすまい手を結ぶ林産地が数多く出現してきているが、
その元祖である徳島TSウッドハウスを訪れることは
木造建築を学ぶMOKスクール生にとって非常に重要なことであったと思う。
[PR]
by msarch2 | 2008-05-19 12:12 | MOKスクール
U邸着工&阪口製材見学
5月8日に奈良のU邸が着工しました。
U邸は閑静な住宅街にあり、ご夫婦2人の49坪の木の家です。
施工は東大阪の高山工務店です。
木製建具をメインに使いながらも、断熱性に優れた次世代省エネの木の家になります。


①今回は、地鎮祭は自分たちで、酒・洗い米・塩・神社から頂いた土を用意し、建物の周囲を清めて回りました。
今日も暑いほどの好天です。
b0111223_1710372.jpg


②午後から吉野の阪口製材に木材の検品・見学に行きました。
奈良市内の住まいですから、当然吉野林業の杉です。
特に今回は力が入っています。全て天然乾燥材です。

まずは、昭和天皇が展覧されたという阪口製材随一の杉柱を見学。
この貴重な美しい柱を選び出すために、気が遠くなるほどの材を挽いたそうです。

b0111223_1729163.jpg


③U邸に使用する梁・柱材を検品しました。
木目が緻密で、中央は綺麗な耐久性の高い赤身、側には強度の強い白太近くがかんでいる、理想的な梁材です。
ここまで美しい構造材をさらに木配りをして、一本一本使用箇所を決めていきます。
早くも上棟が待ち遠しいです。

b0111223_1735445.jpg


④今回は全て1年以上ストックした天然乾燥材です。
色艶と香りがすばらしい!
天乾材の香りはとても香ばしく、昔のカステラの箱のような芳醇な香りです。
ストックを常に十分に確保している阪口製材だからこそ成せる業です。

b0111223_17371099.jpg


④住まい手のUさんご夫妻。木がお好きなご夫妻です。
今は関東にお住まいなので、はるばると吉野まで見に来ていただきました。
b0111223_17385092.jpg


⑤五条にある阪口さんの土場も見学しました。
なかなかお目にかからない大きな材や珍しい樹種もストックされています。
阪口社長自ら案内していただきました。
これは270年生の植林された桧です。吉野林業の歴史をもの語ります。
b0111223_17532561.jpg

b0111223_17551720.jpg

100年生の木で家を建てるなら、100年もつ家、100年もたせたい家を建てる必要があります。
木の命をもう一度町で生かす家づくりがまた今日からスタートします!

[PR]
by MsARCH2 | 2008-05-10 18:11 | 新築