<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
守口市の庫裡、できました。
以前、上棟の様子をお伝えした庫裡がついに・・・ついに!完成間近となりました!!
[過去の日記]

長かったです。。3月に着工し現在は11月下旬。約9ヶ月の大仕事です。何故に時間を必要としたのか。それは西棟、東棟と2棟分のボリュームを持つ建物だからです。単純に通常住宅の約2倍の時間と労力を注ぎ込みました。(担当のY君とO君が後半息切れしてたような?)

施工を担当して頂きました羽建築工房さん、本当にお疲れ様でした。腕の立つ若手大工さんがいる現場はいつ行っても気持ちが良い打ち合わせができました。あともう少し!よろしくお願いします。
構造材を調達して頂いた和歌山田辺の廣本林業さん(杉横架材)、高知の森昭木材さん(杉割柱)、吉野の坂本林業さん(檜土台・大引)、テーブル材にもなる巾広の鴨居敷居を段取りしてくださいました吉野の阪口製材さん。こちらに来る機会があれば是非案内いたします!

さてさて、庫裡の様子を案内するとしましょう。
正面玄関になります。銅板で製作した庇、栗でこしらえた八角窓。すうっと伸びる縦格子。
庫裡の玄関に相応しい面構えとなりました。
植栽はMsお馴染み尾崎春蒼園さんです。建て壊した庫裡の瓦、既存庭石など上手に使用して下さいました。お陰様でコスト削減に成功!いつもほぼお任せなのですが必ず納得行く仕上がりにしてくれます。
住職も大満足です。お寺の庫裡とは思えない・・・と。とっても上質です。杉板、塗り壁がとてもしっくりきてます。
b0111223_13405322.jpg

玄関を横切ると古レンガの犬走り。落ち着いた雰囲気となりました。そのままトコトコ進むと・・・
b0111223_1343388.jpg

西棟に続きます。こちらはコンクリート洗い出し。基礎屋さんが施工したとは思えません。お上手です。
ここにも尾崎さんの遊び心が・・・かわいらしい魚が泳いでおります。尾崎さん曰く「山と川をイメージした!」との事。
素敵です。
b0111223_13485148.jpg
b0111223_13492045.jpg

長細い庭を通り抜け西側の駐車場にでます。枕木+砕石のシンプルな仕上げですが植栽が加われば荒々しい材料も和らいで見えます。外壁は土壁です。左官屋さんが上手く調合してくれました。
b0111223_13583360.jpg

次に室内です。玄関を入ると土間スペースが広がります。床は御影石。ベンチもあり庭を見ながらくつろげるしっとりした空間です。上框は全て栗材になります。住職自ら塗料(カシュー)を選定して下さいました。
b0111223_14563.jpgb0111223_146756.jpg

リビングになります。長いダイニングテーブルは欅の板です。3.3Mです。天板を支えている脚を倒せば座卓にもなります。年末も近づいてまいりました。皆で大テーブルを囲んで年越し・・・などと勝手に想像してしまいます。。
そういえば、来週は事務所の大掃除・・・のようです。
b0111223_14105684.jpg

[PR]
by MsARCH2 | 2007-11-27 14:35 | 新築
ジャパンホームショー2007へ出展しました!!
以前、Ms日記でも紹介しましたが、ジャパンホームショー2007(11/14~16 東京ビッグサイト)にMsも「ヤマトタテルの会」の一員として出展しました。
ヤマトタテルの会のホームページでは、会員企業などが確認できます。

国産の木材を使った2間×4間の2階建を設計。この展示棟はオークションで販売しました。

12日から建方。丸紅ランバーでプレカットした材料を8:30に搬入開始。
建方は、もくよう連所属工務店の岡庭建設さん。大工の安田さんを筆頭に、夜中の3時ごろまで、19時間近くかけてつくり上げていただきました。
13日に会場設営を行い、14日から3日間の展示です。

①ビッグサイトの一角に建方開始。
b0111223_18385996.jpg


②昼前に1階終了。大工さんは、いつもの仕様ではない、Jパネルの落とし込みやDボルトを、すばやく施工する。
b0111223_18393891.jpg


③夕方に上棟。吉野杉Jパネルの構造体が美しい。
b0111223_1840211.jpg

b0111223_18402729.jpg


しかし、これだけでは終わらない。一部造作工事も行いました。

新日本石油の電気式床暖房ゆかいーな。施工はとても楽。この上に、オスモ塗装の岡山県産松フローリング材を張る。
b0111223_18415992.jpg


⑤野地板と破風・鼻隠を打ち、一部には、珪藻土パネル壁も設置。この壁で、建物の表情が引き締まる。
b0111223_18421322.jpg


翌日の設営終了後。
⑥正面側では、「住まいを予防医学する本」や「森のかけら」の販売販売コーナー。ヤマトタテルの垂幕もよく目立つ。
b0111223_18424154.jpg


⑦背面側には、ウールブレスを充填した壁と2階には、智頭杉でつくった木製ブラインドを設置。
b0111223_18431297.jpg


b0111223_1655213.jpg


ブースの立地場所も良く、遠くからでもよく目立つヤマトタテルの展示棟には、多くの人々にご来場いただきました。
b0111223_18432533.jpg


b0111223_18433539.jpg


大盛況で日程を終了し、オークションでは、約115万円で落札いただきました。



ジャパンホームショーの模様は、ヤマトタテルのメンバーのブログでも紹介されています。

 ■岡庭建設 IKEDA隊長BLOG■ ブースを施工していただいた岡庭建設の統括リーダー 池田氏のブログ

 ■珪藻土専門店 空間工房■ 岡山県津山市でエコクイーンの販売施工をしている専門店のブログ

 ■木にこだわっている材木屋ですが・・・何か?■ 金沢の株式会社ムラモトの代表 村本氏のブログ

 



[PR]
by MsARCH2 | 2007-11-19 14:08 | イベント
岐阜山県市の家 上棟
10月に着工した岐阜県山県市の住まいが無事上棟しました。岐阜市から車で30分ほどの緑に囲まれた静かな場所に親夫婦と息子夫婦の4人で暮らしています。現在敷地には築80年の母屋と息子夫婦が住む2階建ての2棟が建っています。親夫婦は現在は母屋で生活をしていますが、階段などの段差や水廻りが遠いこともあり、17坪ほどの平屋の離れを建てることになりました。


構造材は和歌山県田辺市の廣本林業の杉、節も少なく色目の美しい材が搬入されました。
写真はプレカット工場での木配りの写真。
b0111223_163558.jpg



天井の野地板、これも廣本林業の本実板(ア)30。赤身も上品で節も無くすばらしい板です。野地板も一枚一枚木配りしました。
b0111223_1641696.jpg


この地方では建て方が始まる前に作業安全を祈ってお神酒を頂きます。昔は朝からお酒飲みすぎて昼頃には作業できないほどになっていた大工さんもいたとか・・・。
b0111223_16342571.jpg


大工さん達によりどんどんとパネルがはめ込まれていきます。棟梁以外はJパネルを見るのも初めての大工さんばかり・・・。しかしテキパキと作業は進みます。
b0111223_1644840.jpg


外部の180角の柱、柱脚はDボルト(シース管)、パッキンはダイカラットプラスです。
b0111223_1664172.jpg


180×300の棟梁です。台持ち継で継いでいます。本当に色目の美しい木です。
b0111223_16105218.jpg


10時過ぎには天井野地板貼りがはじまりました。天候にも恵まれ足場の上から見た風景が美しいです。
b0111223_16184341.jpg

b0111223_1619941.jpg


リビングの天井です。ほぼ無節の天井板です。何度もいいますが、本当に美しい。
b0111223_16211989.jpg


リビング天井の明かり取りの天窓です。優しい冬の日差しが差し込みます。大黒柱は栗です。
b0111223_1628380.jpg


17坪の小さな住まいですが、1日の作業で外壁、野地板まで全て完成しました。普通の上棟ではこうはゆきません。骨組まであげるのが日常です。事前に野地板の選別、Jパネルの工場加工含めてあればこその技術です。
[PR]
by MsARCH2 | 2007-11-10 16:21 | 新築
Msの木の住まい「熊野古道沿いの住まい」が住宅建築11月号に掲載されました!
 紀州材を使用し、紀州勝浦の工務店である清水工務店が施工した地域密着型の住まいです。地元の人達の中ではあたりまえの家普請です。この地域では新建材の住まいは短命に終わります。ベニアなどは高温多湿の状況では一発でだめになってしまいます。シロアリの被害も多いところなので、フローリング下地、土台・大引含めて杉・桧赤身の材料を入れています。ここ一番の材料は高知県ヤナセ杉の厚み24ミリの杉赤下地板。田辺の廣本林業には芯去りの垂木をたくさん入れていただいています。床は岩手県産カラマツフローリングです。
b0111223_1246750.jpgb0111223_12461786.jpg


 Msは関西周辺の家づくりだけでなく、九州・新潟とかなりの遠方でも設計品質は同じです。設計図面は机の上で描きますが、現場監理は建設場所でしかできません。それゆえ常に遠方とのコミュニケーションをかなり密に取り合います。契約図面には枠詳細図まで詳しく書き、設計者の意図を確実に伝える工夫をしています。
b0111223_12464171.jpgb0111223_1247181.jpg 


 住宅建築11月号、写真だけの室内・室外のデザインだけでなく、「住まいをつくるプロセス」をいかに大事にしながらつくってゆくのか、その水面下の仕事が詳しく書かれています。同時に「建築家の林産地めぐり」も載っています。今回は「熊野古道沿いの住まい」にも使用された和歌山県・田辺/紀州材です。
b0111223_1247254.jpg

[PR]
by MsARCH2 | 2007-11-01 12:49 | その他