カテゴリ:イベント( 8 )
Ms物件見学会 西日本国産材製材協議会来訪
暑い暑い関西です。久しぶりのMs日記です。
7月31日、晴天。Msの竣工物件の見学会でした。
西日本国産材製材協議会という団体があります。
日本列島の西側で大規模製材工場を営んでいる社長、会長が
私達のとてつもない小さな事務所の仕事を見学に来られました。とても名誉なことです。


b0111223_16545668.jpg
b0111223_1655870.jpg

K邸(神戸市)                                                     H邸(芦屋市)




b0111223_16551617.jpg
b0111223_16552312.jpg

K邸(工事中)                                                 H邸(西宮市)



Ms竣工物件、10年前のものから昨年竣工した物件、工事中の構造物件を見学いただくことで、
Msの「木の住まい」の姿勢を見ていただくことになり、私とても緊張いたしました。
大分・瀬戸製材、岡山・院庄林業、奈良・長和、和歌山・山長商店、三重・西村木材店・松阪木材と、
私達プロの中では超有名製材所の方々です。
日本の杉、桧のこれからの活用を促進するためにも、これらの大会社の社長、会長が実践しています。
Msの物件は、巷の在来木造の約2.5倍の杉、桧を使用します。
特にJパネルを使用している中、防火・耐震性能も飛びぬけて優れているのです。


b0111223_17324149.jpg


10年前に建設された芦屋市のH邸、大黒柱、板もいい色合いに焼けて、
10年経っていてなお美しくあります。













b0111223_17351752.jpg


この方が奥様(手前の方です)。
だれよりもこよなくこの住まいを自慢にしていただいている方です。













b0111223_17364096.jpg


私と意気投合している方、三重・西村材木店会長です。いつもは怖い方と聞いていますが・・・
他の人の話では、いつも厳しい目線で指摘されている方ですが、今日だけは特別です。
絶賛していただきました。ありがとうございました。











b0111223_17422510.jpg


西宮市のH邸の中です。ここも10年経っています。
吉野材の杉が本当に美しく10年間の時間を刻んでいます。













b0111223_17482951.jpg
最後は25年経過の三澤邸とMs事務所にて懇親会です。このご馳走は全て文子さんの手料理なのです。
料理名人は設計名人!!皆様、遠方より本当にありがとうございます。
この機会にお目にかかれました産地の方々、是非共また私が訪問させていただきます。













b0111223_17524761.jpg

文子さんのお話に聞き入っています。
この手料理、とても早くて、見栄えが良くて、おいしいのです。

[PR]
by MsARCH2 | 2010-08-03 18:08 | イベント
'08越後杉の家デザインコンペティション
'08越後杉の家デザインコンペティション(完成部門)にて、Msの出展した作品が入選しました!!
数多くの応募作品の中から、優秀賞に選ばれました。


b0111223_12302919.jpg出展した作品です。
A1サイズのボードに材料、性能など情報が解りやすく表現されています。
・断熱性能
・構造
・室内環境
・居心地の良さ










b0111223_1804883.jpg受賞式には、㈱大澤材木の大澤さんに出席していただきました。
大澤材木の棟梁三島さん本当にありがとう!
あなたの仕事の仕上がり見事でした!!












今回、入賞した住まいは、Msのスタンダード仕様に加え、新潟の風土気候に合わせた設計を
しています。


b0111223_12414251.jpg来客を迎え入れる控え目な外観。
玄関は木製建具を使った大開口となっています。
土間玄関は内部と外部を緩やかに繋ぎます。

















b0111223_1235047.jpg軽快な吊りバルコニー、深い庇は紫外線・雨から外壁を守ります。
登梁は梁成36cmあり、1.5Mの積雪にも十分耐えることが出来ます!
















b0111223_12365451.jpg積雪から家を守る高基礎、床下も懐があり、点検も容易に行えます。
基礎内断熱を採用しており、床下を室内と同じ環境にすることで、土台・大引を長持ちさせます。
















地域材(越後杉)、国産材にこだわり、適材適所の木材をふんだんに使っています。
木材の総使用量は57㎥あり、この量は一般的な木造在来工法の2.27倍の使用量です!!
これがMsの創る均整な美しさを持つ構造架構、頑丈な住まいの秘訣です。


b0111223_12374024.jpg物件ごとに軸組模型は必ず製作します。
構造検討も模型があると一目瞭然です。












b0111223_12391288.jpgテーブルには山陰産の赤松や楢を使用。
力強い架構が圧巻です。
吹抜けからの、陽光が心地良いです。
















総使用量は57㎥のうち38㎥は越後杉です。
Msの住まいに欠かせないJパネルも越後杉を使って特別に製作しました。
新潟で育った杉が住まいに姿を変え、その地域の風景の一部となることは
素晴らしい事ではないでしょうか?


b0111223_12383488.jpg壁はJパネル現し・珪藻土(エコクイーン)、床は岩手三陸産の唐松です。
フリースペースは、生活環境に合わせて自由に空間を使うことができる。
















Jパネルは間伐材を利用した構造用パネルです。3月3日のMs日記でもお伝えしましたが、
構造耐力、防火性能ともに性能UPしました!!(大臣認定が下りるのは5月過ぎ)

もちろん、環境への配慮も忘れてはいません。次世代基準の断熱性能をクリアすることで、
環境負荷を軽減し、空調エネルギーを抑えています。
また、ウッドマイルズ指標によるCO2削減率は60.01%あります。
この削減率は、杉の木に換算すると、なんと268本の杉の木が1年間に吸収するCO2量と同じです。

今回、賞を頂いたことは、大変光栄であり、Msが実践してきた住まいの創り方、国産材使用による林産地の活性化、
Jパネル実験・開発の取り組みが評価されたと思っています。
しかし、住まいは、設計者だけでは創ることは出来ません。住まい手、工務店、職人さん、林産地の方、
その他、大勢の人たちの協力があって初めて、創りあげることが出来るのです。
この場を借りて、住まい手並び、関係者の方々にお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございます!!

[PR]
by MSARCH2 | 2009-03-24 14:15 | イベント
MOKスタンダードが本格始動!
愛知のH邸で実現したスタンダード住宅「MOKスタンダード」の普及が9月から本格的に始動しました。
「MOKスタンダード」とは、Msが長年培ってきたノウハウを使ってシンプルに定番化することにより、信頼できる良質な木の住まいがより安価に提供できるように企画されたスタンダード住宅です。
国産材を使った良質な木の住まいを、設計料含めて2000万円前後で実現することで、木の家がより身近に一般的に普及することを目指しています。
MOKスタンダード専用のパンフレットや資料も作成しています。
b0111223_10535962.jpg

これには意欲ある工務店との協力・連携が不可欠で、また、デザイン・構造・断熱・防火・ディテールといったMsのノウハウを工務店に伝授することが必要です。
全国の工務店にMsの設計・技術を学んでもらうため、「MOKスタンダード講習会・見学会」を行い、工務店などから約40名に参加いただきました。
9/3はバス見学会でMsの木の住まいを5軒見て回りました。
まずは大阪福島のH邸。Jパネル・Dボルトや木材の話はもちろん、都市部で重要な防火性能もH邸のポイントです。

b0111223_1153663.jpg

b0111223_116092.jpg

すぐ近くの狭小間口のMOK福島事務所を見学したあと、東大阪の高山工務店モデルハウスへ。こちらも間口より奥行きのある敷地を有効に活かした実例です。
b0111223_1183470.jpg

趣向を変えて、スタンダードではない御影のO邸でMsの設計の幅を見ていただいたあと、Ms設計の原点である三澤自邸へ。
質問も多くみなさん熱心に見学されていました。

b0111223_11141371.jpg

見学のあと、夜は三澤自邸とMs事務所で懇親パーティーを開きました。
スタッフ含め50名のパーティーですから大盛況です。
お酒も食事も進んで、打ち解けて夜遅くまで語り合いました。

b0111223_12363132.jpg
b0111223_12364829.jpg
b0111223_1237454.jpg

翌日9/4は朝8時から4時間みっちりメルパルク大阪で講習会です。
これまでのスタンダードプランの紹介、これまでの事例紹介、Msのデザイン・構造・性能、各林産地の特色、コストにいたるまで、内容は多岐に渡りました。
長時間のレクチャーにも関わらず、熱心に耳を傾けられてました。

b0111223_1248291.jpg

b0111223_12484082.jpg

今後、具体的な設計・現場を通して「MOKスタンダード」は全国展開していきます。
講習会も第2弾など続けていく予定です。
興味のある住まい手の方、工務店さんは御気軽にお問い合わせください。
木の住まいが贅沢なものではない、スタンダード化を目指して取り組んでいきます。

[PR]
by MsARCH2 | 2008-09-05 10:53 | イベント
木のある住まい展を開催しました!!
4月13日(日)に木のある住まい展を開催しました。
場所は、奈良市内。三澤文子の設計で1年前にリフォームを行った住まいです。
ただの見学会ではなく、Msの住まいの家具によく使う木工や陶芸の作家である、木工家具のACクラフト石井氏・ZOO永田氏・陶芸の糸井氏・額縁の新川氏を招き、その作品の展示も行いました。
夕方からは雨になってしまいましたが、会期中は、心地よい天気に恵まれ、たくさんの方々に来場いただきました。
このような企画をさせていただき、住まい手ご夫妻のご厚意に感謝です。
ありがとうございます。

Msもリフォームが最近多いのです。骨組が丈夫であれば、十分新築と同じくらいの性能の住まいが可能です。ご相談ください。


①1年前にリフォームした会場。手入れされた庭木の新芽が春を感じさせます。
b0111223_12172358.jpg


②会場へのアプローチ。色とりどりの花と木の家具が来客者を出迎える。
b0111223_12174071.jpg


ACクラフトのダイニングテーブルと椅子(スツール)。
b0111223_12175968.jpg


④新川氏の鏡額。鏡に映る住まい手ご主人のCDコレクションも大人気だった。
b0111223_12181168.jpg


糸井氏の陶器。Msでは、洗面手洗いボール(ITOIボール)を住まいに取り入れている。
b0111223_12182692.jpg


ZOOの子供机。中に入っている積み木に夢中。
b0111223_12183655.jpg


⑦庭を見ながら、デッキでくつろぐ。

b0111223_12184566.jpg

[PR]
by msarch2 | 2008-04-14 12:18 | イベント
Msの2008年新年会!
 1月8日は三澤康彦の55回目の誕生日!仕事始めでもあったので、ゲストに梅田工務店の方々をお迎えして誕生日会兼新年会をしました。
 料理は三澤文子の手作り。パーティーのたびにそのおいしさとつくるスピードに驚きます。会の途中ではビンゴゲームもしました。やっぱりMsらしく、ただのビンゴではなく木材名称のビンゴです。全員25マスに木材の名称を書き、三澤氏と梅田氏が交互に言う木材の名称とあえばマスを塗りつぶすというもの。ほぼ全員が25マス木材の樹種で埋め、三澤氏と梅田氏も60種ほど樹種を言い合いました。みんなさすがよく木材のことを知っているのですね。
 手作りケーキを味わい、梅田工務店中嶋さんのバースデイソングを堪能し、大工さんと交流を深めよい新年の幕開けとなりました。

 三澤文子の料理のスピードは超特急です。いつも大テーブルにあふれるごちそうが並びます。おかげでスタッフのコレステロールは右肩あがりです。(?)
b0111223_8394671.jpgb0111223_840325.jpg


 55本のバラはスタッフからのプレゼントです。
b0111223_8402035.jpg

[PR]
by MsARCH2 | 2008-01-15 08:43 | イベント
ジャパンホームショー2007へ出展しました!!
以前、Ms日記でも紹介しましたが、ジャパンホームショー2007(11/14~16 東京ビッグサイト)にMsも「ヤマトタテルの会」の一員として出展しました。
ヤマトタテルの会のホームページでは、会員企業などが確認できます。

国産の木材を使った2間×4間の2階建を設計。この展示棟はオークションで販売しました。

12日から建方。丸紅ランバーでプレカットした材料を8:30に搬入開始。
建方は、もくよう連所属工務店の岡庭建設さん。大工の安田さんを筆頭に、夜中の3時ごろまで、19時間近くかけてつくり上げていただきました。
13日に会場設営を行い、14日から3日間の展示です。

①ビッグサイトの一角に建方開始。
b0111223_18385996.jpg


②昼前に1階終了。大工さんは、いつもの仕様ではない、Jパネルの落とし込みやDボルトを、すばやく施工する。
b0111223_18393891.jpg


③夕方に上棟。吉野杉Jパネルの構造体が美しい。
b0111223_1840211.jpg

b0111223_18402729.jpg


しかし、これだけでは終わらない。一部造作工事も行いました。

新日本石油の電気式床暖房ゆかいーな。施工はとても楽。この上に、オスモ塗装の岡山県産松フローリング材を張る。
b0111223_18415992.jpg


⑤野地板と破風・鼻隠を打ち、一部には、珪藻土パネル壁も設置。この壁で、建物の表情が引き締まる。
b0111223_18421322.jpg


翌日の設営終了後。
⑥正面側では、「住まいを予防医学する本」や「森のかけら」の販売販売コーナー。ヤマトタテルの垂幕もよく目立つ。
b0111223_18424154.jpg


⑦背面側には、ウールブレスを充填した壁と2階には、智頭杉でつくった木製ブラインドを設置。
b0111223_18431297.jpg


b0111223_1655213.jpg


ブースの立地場所も良く、遠くからでもよく目立つヤマトタテルの展示棟には、多くの人々にご来場いただきました。
b0111223_18432533.jpg


b0111223_18433539.jpg


大盛況で日程を終了し、オークションでは、約115万円で落札いただきました。



ジャパンホームショーの模様は、ヤマトタテルのメンバーのブログでも紹介されています。

 ■岡庭建設 IKEDA隊長BLOG■ ブースを施工していただいた岡庭建設の統括リーダー 池田氏のブログ

 ■珪藻土専門店 空間工房■ 岡山県津山市でエコクイーンの販売施工をしている専門店のブログ

 ■木にこだわっている材木屋ですが・・・何か?■ 金沢の株式会社ムラモトの代表 村本氏のブログ

 



[PR]
by MsARCH2 | 2007-11-19 14:08 | イベント
ジャパンホームショーで「実物大2階建てフレーム」を造ります!
 11月14日(水)から16日までに東京ビックサイト(東京都江東区有明)で開催される「ジャパンホームショー2007」にMs建築設計事務所も「ヤマトタテルの会」というチーム名で出展します!

 「ヤマトタテルの会」というのは、国産木材を扱う会社や、その木材を使って建物を設計・施工する設計事務所・工務店、その技術を学ぶ学校、天然素材の建材を扱う業者が「山と建てる」ことにこだわって結束した組織であり、Ms建築設計事務所がコーディネートしています。(来年春に正式発足予定です。)「山と建てる」「いっぱい建てる」と関西のノリです。ちなみに命名は私ではありません。

 今回は、東京ビッグサイトの中に吉野の美しい杉で実物大の2階建ての建物を建て、その中に自然素材の建材など、会員の最新情報を展示します。3.64m×7.28mの総2階です。単純なフレームにしてあるため、建物を建てる仕組みがより分かりやすくご覧いただけると思います。期間中には、そのフレーム(軸組み)のオークションも実施。競り落とすことができれば、解体後使っていただけます。(環境にも配慮です。)

 お近くの方は(遠くの方も)ぜひお越しください!

※Ms建築設計事務所も3日間つめます。
三澤康彦に直接話を聞きたい方は時間を予約してください。
連絡先→TEL:06-6831-5917 e-mail:info-ms@ms-a.com


①今回造る建物の軸組み模型です。着々と準備中です。
b0111223_19244096.jpg


②数年前に大阪ドームで造った建物です。今回もこのようなイメージです。
b0111223_193357100.jpgb0111223_19341074.jpg


※「ジャパンホームショー2007」について
日時:2007年11月14日(水)~11月16日(金)の3日間 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東ホール

最寄り駅は、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅またはりんかい線「国際展示場」駅です。無料のシャトルバスもあるようです。詳しくはジャパンホームショーのホームページをご覧ください。

ヤマトタテルの会ホームページは今月中に正式OPEN予定です。

[PR]
by MsARCH2 | 2007-10-15 19:39 | イベント
リフォームコンクール入賞!
 「南野田のすまい」が、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの主催する、第24回住まいのリフォームコンクール優秀賞に選ばれました!
b0111223_17525956.jpg

 設計要旨は、以下の通りです。
ご両親を見送り夫婦と子供2人家族になったYさんご夫妻は、ご両親のつくられた家への愛着から建替えを選ばす、仏間でもある西のふた間続きの和室を残したうえで現在の生活スタイルに合わせてのリフォームを希望されました。
来客が多いと言うご夫妻は、和室にお客様を通すことが多いため、直接つながる廊下を作ってほしいとの要望でした。そこで、玄関を兼ねた現代風広縁を増築して要望に応えると同時に、廊下といった機能にとどまらない明るく開放的なサンルームのような空間をつくりました。この空間があることで、ダイニングや書斎・和室は、空気層としての広縁の効果で冬は暖かく、夏は日差しを遮りプライバシーも確保するといった効果を得ることになりました。
北に増築されたユーティリティーはその効果と同時に収納量確保が目的です。省エネ性向上とともに、耐震性も向上しました。無筋布基礎はRC造ベタ基礎に、腐朽構造材は取替え、耐力壁を増設し、接合金物を設置し、現行基準法の1.5倍の性能を確保しています。
このように、住宅も人間と同じように確実かつ的確に治療がなされ、同時に家族の生活の可能性が広がるような「住まいの再生」としてのリフォームを行うことができました。

 「南野田のすまい」では、南側に玄関を兼ねる現代風広縁を増築して、「お客様を通すことが多い奥の和室に直接つながる廊下を作ってほしい」という住まい手の要望を実現しています。
b0111223_1753442.jpgb0111223_17535623.jpg

 ただの廊下ではなく、明るいサンルームのような空間ができたので、ダイニングなどは直接外気に接することがなく、冬は暖かく、夏は日差しを遮る効果があります。また、外からの視線を感じずに窓を開けることができるようになりました。
b0111223_17544246.jpgb0111223_1754588.jpg

 また、たくさんの本が所蔵できる畳ベンチ付きの書斎ができ、ヒノキ板張りの浴室もできました。外壁には、防火・断熱性能にも優れた面材を採用して耐震補強をしました。建築基準法の1.5倍の性能を確保しています。
b0111223_17552171.jpgb0111223_17553790.jpg

 Msのリフォームは「すまいの治療」が基本コンセプトです。生活動線の提案、構造強度(基礎・耐力壁)、断熱性能含めて、住まい手と地球にやさしいすまいを造っていきます。築年数30年以上の建物を現代の基準に合わせ、安全な器にします。もちろん自然素材の住まいです。

 10月27日に東京ビッグサイトで表彰式が行われ、作品が展示されます!

※入賞作品の展示
アクロス福岡(住生活月間中央イベント会場):平成19年10月11日(木)~10月14日(日)
東京ビッグサイト(日経住まいのリフォーム博2007):平成19年10月25日(木)~10月28日(日)

[PR]
by MsARCH2 | 2007-09-14 18:01 | イベント