住む。季刊 春 No.37

この度、東北を中心とした大震災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ余震が続き物資の供給も行き渡らない状況の中、何ができるか考える日々を過ごしています。
被災地にはMsとも関わりのある材木屋さんがあり、会社は津波で壊滅状態。
震災に負けずに再興してほしい。


15年前の阪神大震災から多くを学び、木の家の設計を続けてきたMs
津波で流される木造家屋を見るに
木の家が試されていると感じます。
地震にも耐えうる骨組みのしっかりした木の家を造るため
Jパネル、Dボルトなど構造用部材の実験・開発はますます大きな意味を持つことでしょう。




さて、『住む。季刊 春 No.37』にMsが9ページにわたって掲載されています。


b0111223_17251231.jpg


b0111223_18134867.jpg
















25年前大阪千里ニュータウンに居住し、子育てもあることで
大阪市内での仕事場をあえて選ばずに
住宅地の中での住宅設計をはじめました。


b0111223_18212640.jpgb0111223_1815047.jpgb0111223_18215831.jpgb0111223_18214548.jpg



その間に改装を何度か繰り返し
Msと三澤一家の職住近接の住まいと仕事場を
いかに心地よく創るかを思考してきました。
町内の問題、近隣に建つマンション群と町内会との闘争など
生活者として24時間住む・仕事するを実践してきました。
私達の暮らしの25年を見ていただけることと思います。


そしてそして、以前Ms日記の中で少しだけ触れた通称『Ms(エムズ)本』の初版が手元に届きました。
一般の方でも興味深く読める内容で、全200ページ。
「素材」「仕上」「性能」「生活の工夫」
住宅設計のノウハウを余すことなく詰め込んだ1冊です。
販売は間もなくで、価格は3000円です。
皆さん、首を長くしてお待ちください。


[PR]
by MsARCH2 | 2011-03-31 17:43 | その他
<< 赤杉の家塗装工事&見学会 豊中市S邸 土台敷き・建て方 >>