和泉の家 木配り ~松阪・コウヨウへ~
過ごしやすい秋の日に、プレカットの打ち合わせと木配りを行いに三重県松阪へ行きました。
9月に地鎮祭を行った和泉の家の打合せです。
Msのプレカットと言えば㈱コウヨウさん。プレカット工場と言っても程度の差は様々です。
Msの住宅はJパネルを柱間に落とし込むため、柱、梁にしゃくり(溝)を入れるなど、一般的な住宅より手間がかかります。
コウヨウさんは三澤も太鼓判を押すレベルの高いプレカット工場。その辺りも難なくこなしてくれます。(スタッフの方々がとても優秀なのです!)


b0111223_1616233.jpgb0111223_17551292.jpg
b0111223_16321713.jpgまた、設備面もすごい!
ドイツのHundegger社製のプレカットマシンを置いています。
外国製の機械はカラーリングもオシャレです。
見た目でけでなく中身もすごいこのマシン。
最大加工寸法が長さ12m、幅300×高さ450!
3次元の加工機能も組み込まれているので登り梁×登り梁など複雑な加工も可能です。
このマシン、日本で4、5台しかないそうです。


b0111223_16353541.jpg午前中、みっちり打合せを行い、お昼からは木配り。
智頭のサカモトさんから届けられた構造材は夏に検品を行った時から
修正挽きを行い、モルダーを掛けられきれいな木肌が現れています。


b0111223_16395059.jpg
期待通り!のきれいな材です。
この日は三重県の製材関係の方々が何人か現場にいらしたのですが、
みなさん、智頭杉の美しさに感心しきりでした!


木配りはMs日記でもお馴染みのプロセス。
番付けとも言いますが、どの材をどこに使うかを決めていく作業です。
三澤と棟梁が相談しながら、設計者の目、大工職の目、両方を加味しながら決断していきます。
簡単なようですが、経験と集中力のいる作業。これはベテランの職人でないとできないのです。
三澤が手に持っている板図は、材のサイズごとに色分けしている伏図です。
番付けが終わるとチョークで塗りつぶしていき、全ての材に番付けを行います。

b0111223_17504975.jpgb0111223_17224954.jpg


この日は三澤康彦チームと別に三澤文子チームもコウヨウさんへお邪魔しました。
和泉の家より少し遅れて着工した池田市の住まいの材料検査です。
こちらは柱・垂木・棟梁を桧、梁・桁を杉で構成するダイナミックな住宅。
材は三重の速水林業さんでお願いしています。こちらも完成が楽しみです。

b0111223_17453046.jpgb0111223_17454462.jpg




[PR]
by MsARCH2 | 2010-10-21 19:00 | 新築
<< 和歌山 田辺ツアー 住宅医への道 -鹿児島K邸詳細調査- >>