屋久島、鹿児島へ行ってきました
屋久島(メンテナンス)、鹿児島(民家調査)へ行ってきました。

1年半ぶりの島です。懐かしい香りです。
空気がおいしい。空が青い!
2009年4月のMs日記(「屋久島の家 完成!」)でもお知らせしましたが、
屋久島の大自然は驚異です。
関西だったらこの自然の風景をただ見て、きれいというだけですが、ここは島です。
自然は人間の存在よりとてつもなく大きいのです。
ここにくると自然は神だと、畏敬の念を持ちます。

b0111223_19301527.jpgb0111223_823166.jpgこの地形を読み取り、
高床にもして、屋根も大きく張り出し、木の壁を守ります。














b0111223_19303149.jpgここがピロティの上階にあがる階段です。
普通の塗料ではすぐに剥がれてしまうので、
これはオスモの強靭な外部用の塗料を塗ってあります。













b0111223_19305685.jpgb0111223_1931782.jpg












床下空間は、住まい手からとても感謝されました。
ここはただ単に、安楽の住む空間ではありません。
屋久島では都会の便利さはないのです。
大概のことは自分達でやり遂げなければいけません。
停電なんて日常です。
この前なんか10時間程電気がこなかった、なんて普通に言っています。
都会では10分電気が止まると、大騒ぎです。


b0111223_19312225.jpgこれってパパイヤなのです。
ほんの1年前に植えたものですが、こんなに大成長しています。














b0111223_19314262.jpg今回の大工職を紹介してくれた堀部安嗣さんの
新しいお店が国道沿いに出来ていました。

やはりすごいですね!!
台風にも負けない、白アリにも負けない、の表現がいっぱいあります。








b0111223_19315667.jpgb0111223_831095.jpg












この、小端立てに石を積むのがとてもとても大変だったそうです。
見れば分かります。
右の写真が屋久島の火山岩を使用したディティールです。



今は、大阪伊丹から屋久島への直行便があります。
屋久島滞在約6時間。
メンテナンスが終わり、
Msの三澤ですから尾ノ間温泉にしっかり浸かった後は
鹿児島までひとっ飛び、約30分です。

次回は鹿児島の民家調査です。

[PR]
by MsARCH2 | 2010-10-05 19:38 | メンテナンス
<< 住宅医への道 -鹿児島K邸詳細調査- 藤沢の家・竣工!! >>