岩手 遠野 100年生カラ松
久しぶりに丸太からのフローリングを手に入れました。
福島県南会津に株式会社オグラがあります。
Ms日記でもしばしば登場してきますが、
国産材の材木を販売している会社です。
MsではMOKという木材販売会社が別にあり、
Msというより三澤が
日本のあちこちで製材させているMs好みの木材をストックし、
Msで設計する現場に使用しています。

b0111223_15155173.jpgb0111223_1516292.jpg











これはウッドバンクといって
天然乾燥できる土場が奥会津にいっぱいあるのです。






今回は内地カラ松。
カラ松は以前長野県信州林産でよく注文していました。
戦前からカラ松を最初に植林してきた産地だからです。
1950年代頃から、全国的にカラ松を人工林として植えてきましたが
岩手県では100年前から植林してきたのです。
5年ほど前、小岩井牧場の防風林として植林された100年生のカラ松を丸太で購入し
化粧構造材と板材に利用したことがありました。
丸太はすごいです。迫力あります。
元玉で40㎝ぐらいですが、白太の部分はほとんどなく、まっかっかです。


b0111223_15165086.jpgb0111223_1625783.jpg










今回は岩手県遠野地方の営林署からでてきた100年生の人工林のカラ松です。
オグラの渡辺さんから、そっと耳打ちされ、おもわず話にのってしまった物件です。



b0111223_15172520.jpg




フローリング用に製材しています。
歩止りもよいように仕上げで90㎜という寸法が最終です。
仕上がりの本実板をとるためには120㎜に挽かなければいけません。
また厚み15㎜に仕上げるためには、22~23㎜にしなければ
後の人工乾燥その他の縮みを予定しなければいけません。
35㎥の丸太を購入し最終的に製品になるのは約9㎥しかないのです。
歩止り25~26%
丸太購入→運搬→貸びき→乾燥→運搬→本実、ユニフローリング加工
という約半年間の時間がかかってきます。


b0111223_1517496.jpg








そして先日、私がオグラの渡辺さんと一緒に
フローリング加工に立ち会ってきた所はいわき市です。とても遠いのです。


b0111223_15182169.jpgb0111223_15284529.jpgb0111223_15285698.jpg















渡辺さんとも充分に挽き方を協議しました。
ラミナーはほとんど赤味です。
天然カラ松に近い風合いです。
節は生き節の所もありますが、
人工乾燥にかけると結構な割合で抜けてゆきます。
それをカットしてユニフロアーとして
1.82Mの材に仕上げるのが最終製品です。

この年輪のつまり具合とても楽しみです


b0111223_16382819.jpg
左に写っているのが今回お世話になった渡辺さんです。
キーパーソン、あえて顔は明かしません!

[PR]
by MsARCH2 | 2010-09-03 18:01 | 林産地
<< 和泉の家着工! 残暑お見舞い申し上げます >>