再び福島県奥会津 きこりの店オグラへ
4月23日 朝6時すぎの新幹線にて東京へ。
そして東北新幹線に乗り継ぎ、降りた所が那須塩原です。
レンタカーで100km走り、奥会津へ木材買出しに行きました。
奥会津はまだ冬でした。朝、雪が降っていました。桜の芽はまだ固く、1分咲きもありません。
東京のシェア事務所、安井昇さん、滝口泰弘さん、山崎たいくさん、編集の植久さん、そしてMS、
木が大好きな連中と今の坂本龍馬の海援隊を向こうはって木援隊(モクエンタイ)なる結社を創りました。
ここはとても工務店、設計者にとってキーポイントの大切な木材店なのです。
オグラには渡辺さんという担当者がいて、これがまた相当の木狂い!(使用禁止用語ですが)
当然私達と意気投合して、何か掘り出し物はないものかと躍起になって相談しています。


b0111223_18394886.jpg



これはクルミの丸太です。
このオグラ周辺から取れた正味の内地材。
框、フローリングにするととてもいいのです。
商品として出来上がりで坪20,000円以上はします。
(ア)15です。


















b0111223_18435075.jpg

これは赤松のフローリング用のラミナ
(ア)21にひいています。
大節のところはカットして、
L600~1200くらいでフローリングとします。
松板は脂がのっていて、ツヤが出てきます。














b0111223_19415771.jpg



これは天然唐松です。
樹齢100年近い赤味の魚で言うと大トロです。
赤味の唐松フローリング是非共使ってみたい。




















b0111223_19451788.jpg

これは3Mの栗、柱用です。
私は栗が大好きです。
機会あるごとに仕入れしています。

















b0111223_19462488.jpg

今回のメイン製材は安井さんの樹齢300年のモミの丸太。
丸太金額は数十万円です。
それを製材している時の真剣なまなざし。
たぶん防火の試験でも出なかった表情かもしれません。(失礼)
中が大節か小節かで金額が倍以上違いますから。












安井さんb0111223_19492795.jpg
山崎さんb0111223_1950571.jpg



両人のうれしそうな顔。
これだけ貯め込んでいますとばかりの満面の笑顔です。





















b0111223_19523048.jpg
これは番外で現地で働くこの近くの季節労働者…
ではありません。
三澤文子さんです。
ヘルメットがよく似合っています。














        b0111223_20241399.jpg
b0111223_20243291.jpgb0111223_20244411.jpg










製材の後は本家「亀屋」で夕食です。
ドブロク、イワナ、十割そば、たらふく食べて食べて8,000円(1泊2食)です。
これなら3,4日泊まっていきたいところです。




b0111223_19574599.jpg

ウッドバンクの小屋です。
赤松、桜、クリ、ヒバ、キハダ、
唐松、クルミ、杉、桧が主です。

[PR]
by MsARCH2 | 2010-04-27 20:21 | 林産地
<< つくばの家 やっと完成  長期... 芦屋の家スタート! >>