『富田林の住まい』完成!
3月中頃、富田林にある長期優良住宅先導モデル事業+長期優良住宅の性能をもつ『富田林の住まい』が竣工しました。30代夫婦+子供1人が住む、延床40坪の2階建てです。施工業者はMsとは初仕事となる新協建設工業です。質問事項を箇条書きにして打ち合わせに望むほど勉強熱心な腕の良い大工さんのおかげで、Msの仕事が初めてとは思えないほど綺麗に仕上がりました。『富田林の住まい』の特徴として屋根に太陽熱利用の空調システム『そよ風』を乗せています。



b0111223_8514973.jpgb0111223_18385534.jpg

南側正面の写真です。南側中庭にある4mの大きな木はヤマボウシです。落葉樹なので冬は南の光が家の奥まで入り、夏は日差しを遮ってくれます。南側の庭にはエゴ、シマトネリコ、シャラ、シラカシなどが植えてあります。高い塀や生垣で地域との繋がりを遮断するのではなく、植栽で緩やかに地域と繋がっています。





b0111223_924832.jpg







玄関です。玄関扉はクルミの板です。Msオリジナルのステンドグラスもはめ込まれています。ステンドグラスの外部側は防犯ガラスになっているので防犯上も問題ありません。玄関土間は洗い出し仕上げです。Msではめすらしい片開きドア。この住まいは気密性も高く、C値は1.5です。一般の感覚から言って隙間無く施工され、隙間風などは無い程度です。唯一外部に面している木製建具は玄関のみなのです。











b0111223_984539.jpgb0111223_921305.jpg




















リビング・ダイニングです。床はクルミフローリング、壁は珪藻土です。南側からの暖かい光が差し込みます。
天井の一部が吹き抜けになっているため、2階からの日差しもあり日中は照明が必要ありません。丸テーブルはMsからお施主さんへのプレゼントです。Msオリジナルのテーブルで天板はクルミです。脚部分はブナ材のプライウッド曲げ脚です。無印やアアルトのスツールでよく使われています。この脚もMsオリジナルでつくっています。


b0111223_925877.jpgb0111223_927599.jpg














キッチンはとても広く、収納も十分です。シンクはアイランド型となっており、南側の庭を見ながら家事をすることができます。丸型の白いボイドは、屋根からの暖かい風を床下に送りこむダクトです。



b0111223_146482.jpg
階段踊り場の窓です。Msではよく階段に大きな窓を取り付けます。夏場はこの窓を開けることで南北に風が通ります。格子がついているので、夜開け放しで寝ることができます。












b0111223_1845030.jpg
2Fです。とても開放的な空間です。4寸勾配の屋根のため天井が高く広く感じます。2Fもフローリングはクルミです。壁は吹き抜けの一部分以外は全てJパネル現しとなっています。























b0111223_1439281.jpg
そよ風の吹き出し口です。天気の日であれば、ほんのり暖かい風が吹き出してきます。床下は予想以上に暖かくなります。冬場のそよ風は屋根部分で温まった空気を床下へと送り、床に開いた吹き出し口から室内へと暖められた空気が出てきます。建物の一番下の部分から暖めるので家全体が同じような暖かさになります。













b0111223_14503478.jpgb0111223_14505571.jpg















住宅地に緑溢れる家になりまた。春になり、新芽の季節が楽しみです。街並みに開いた形の住まいです。ブロック塀など絶対に駄目です。四季の草花が楽しめる街角の住まいです。
[PR]
by MsARCH2 | 2010-03-30 08:34 | 長期優良住宅
<< 木の展示館「吉野サロン」完成! ふたたび朝食 >>