智頭杉の住まいが完成しました!(長期優良住宅の住まい)
豊中市に完成したこの住まいは、30代のご夫婦と生まれたばかりの娘さんの3人が暮らしはじめる住まいです。

b0111223_11263051.jpg

住まい手のNさんは、土地探しの段階からご相談をいただき、お付き合いさせていただきました。4~5件程度を一緒に巡り、決定した土地が豊中市の約100㎡(30坪)の敷地です。
豊中市は大阪のベッドタウンで敷地も住宅地のど真ん中ですが、土地の選び方によっては、写真のように日光が住まいを包み込む気持ちの良い住まいも実現できます。

さて、建物についてですが、
タイトルの通り、鳥取県智頭町にある株式会社サカモトの智頭杉を構造材として初めて使用ました。山陰の風雪に耐えて育った智頭杉は、吉野杉にも負けないくらい力強く美しい材料です。施工は、羽根建築工房。数多くのMsの住まいを施工していただいている頼りになる工務店です。



b0111223_1331489.jpg

南側外観です。隣接地は旗竿敷地が2軒続き、日当たり良好です。
小さな庭や、Ms定番の吊りバルコニーにより、外部へ開放的な空間をつくっています。
バルコニー手すりや境界塀を横格子で統一し、外観がすっきりした印象です。



b0111223_1132552.jpg

アプローチは、東側の道路からです。
軽自動車の駐車も可能な奥行きをもたせた空間に、玄関があります。
アプローチに敷きつめられている石は、鉄平石です。
住まい手のお父さんの仕事柄、自らで段取りされた石を、使用しています。
玄関やトイレに利用した大理石もお父さんに腕を揮っていただきました。
玄関には、鎧網戸も設けました。外からの視線を遮りながら、風通しの確保が可能な優れものです。



b0111223_11265746.jpg

玄関を入ると、前回のMs日記(西宮A邸竣工)でも紹介した
李朝風の木製格子戸があります。
玄関とリビングを仕切り、風除室の役割も果たします。
ガラスは、透明ではなく、和紙調にしています。
開け閉めによって、空間の変化が楽しめます。


b0111223_1132407.jpg



b0111223_13325575.jpg

1階は、リビング・ダイニング・キッチンがワンルームとなっています。
床は、土台・大引きの上に張った唐松のJパネルをそのまま仕上としました。
日当たりが抜群で、自然の心地よい温もりを感じます。



b0111223_1345228.jpg

ダイニングテーブルの奥は、キッチンです。
キッチンカウンターの手元を隠すため、食器収納を間にはさんで間仕切っています。

キッチンは、メーカーのものは、Msでは使用しません。
Msのオリジナルで天板はステンレスのプレスメーカーに発注することで、リーズナブルにできています。
キャビネットしかない状態で、約60万円ほどでできます。


b0111223_13494188.jpg


b0111223_1417571.jpg

トイレには、Ms定番のITOIボールを設置しています。



b0111223_1351345.jpg

2階は、フリースペースです。寝室や書斎・収納を自由にレイアウトできるように、固定壁での仕切りはありません。
本を多く所有している住まい手に合わせ、階段の壁なども有効に利用して本棚を設けています。
部屋を仕切る本棚は、移動式で、必要に応じて自由にレイアウトを変更できます。
2階の床は、智頭杉のフローリングです。板の表面はうづくりという仕上で、板の目に合わせて、波を打つような脚触りのとても良い材料仕上げになっています。


b0111223_1352552.jpg

b0111223_1435026.jpg

収納スペースも設けています。
ハンガーパイプを左右に取付け、収納量も十分です。


b0111223_14135257.jpg

吊りバルコニーとデッキを設けています。軒下には、物干しが1列に並びます。



b0111223_14244161.jpg

先日は、住まい手のご厚意により、完成見学会を開催させていただき、多数のご参加をいただきました。
来月は、富田林市で完成見学会を予定しています。興味をお持ちの方は、是非ご参加ください。

完成見学会のご案内 (大阪府富田林市)
3月13日(土)・14日(日) 10:00~14:00

Msの長期優良住宅先導的モデル+長期優良住宅の見学会を開催いたします。
見学会案内・申込はこちら!


[PR]
by msarch2 | 2010-02-15 11:25 | 新築
<< Msのマンションリフォーム 西宮市A邸竣工 >>