朝のひととき
Ms建築設計事務所の所長の朝は早いのです。夏と冬では若干の違いはありますが、11月ごろの起床は4時前後。これが夏場だと3時半には起きています。
なぜそんなに朝が早いのとよく質問されますが、早い話、夜寝るのが早いのです。
もう21時には寝床にはいって、頭が枕につくかつかないくらいにはもう寝てしまっています。(寝つきがとてもいいのです)
早起きするととても健康によいとよくHOW TO BOOKにはかいていますが、私は早起きと朝風呂と朝食の3セットをかかしたことはありません。
たまに出張などでシティホテルに泊まるときは、可能な限りパブリックバスのあるホテルを探して予約します。
自宅と事務所が3秒の距離で移動できます。以前はよく友人が夜飲み会などに誘っていただけたのですが、私が21時には寝る習慣がここ10年近く続いているので友人もあきらめて、あきれてお誘いの電話もありません。
朝4時に起き、30~40分昨日の仕事、スタッフの仕事のチェックをして、ここから12kmはなれている24時間利用できる公衆銭湯にゆきます。この入浴の40分がとてもいいのです。今日の予定、プランの空想、スタッフへの指示などスチームサウナ、温浴、冷水浴など繰り返している内に頭がクリアーになってきます。至福の私の大切な時間です。
朝が早いため、朝食に今日一日のエネルギーの源があるので、朝けっこうたべます。最近の学童の50%以上も朝食を食べないようですが、この朝食、私が文子さんの分までつくります。私の趣味ですから!!



b0111223_17411562.jpg






このお盆と杉うずくりのおわんが毎日の器です。
デザインが家業ですから形にこだわります。
お盆は木曽で購入した栗の尺物です。
ちょうど30cm角です。
この味噌汁椀は4寸の深いものです。
たっぷりと普通より2倍は入る汁物です。
これを毎日、茶の間で二人向かい合わせで
食べています。




b0111223_1743131.jpg
秋の栗をいただき、栗ご飯となりました。四国へ出張したとき、ハンペンをいただき、魚は結構好みですが、サワラの味噌漬けです。野菜はけっこう気にしてとっていますが、ほうれん草のおひたし、里芋の小鉢、三澤家の味噌は麦味噌が大好きです。それも鹿児島の味噌が気に入っています。


b0111223_17433838.jpg
ご飯は白米、おかゆなどもありますが、玄米が体にいいと聞きましたので、電気釜ではなく土鍋で毎日たきます。強火で21分むらしが30分もあれば、歯ごたえのある玄米ごはんができます。よくかみます。味噌汁にはたっぷりねぎを入れて、梅干、らっきょ、柿とトマトが
そえてあります。


b0111223_17432098.jpg
玄米ご飯、ブリのみりん漬け、梅干は紀州産ときめています。
たっぷりはいった野菜味噌汁
かぶら大根のおひたし。


毎日、朝の献立を考え、夕方マーケットに買い物にゆくのが私の趣味です。
もう11月中です。薪ストーブの季節です。
朝一番6時ごろ、薪をくべ、朝食の時は、茶の間がほかほか暖かくなります。
寒い冬もこの薪ストーブがあれば心強いです。
生活を楽しく実践することが設計行為にとても役立つのです。住まいを楽しく暮らす工夫があります。

[PR]
by msarch2 | 2009-11-16 17:36 | その他
<< 超長期仕様 ≪富田林の家≫ 構... 鳥取・智頭~大山を巡る  続 >>