10年目の木の住まい ~Msメンテナンス T邸終了10/21~
今年の5月にMs日記(Msのメンテナンス)に書かれていたT邸のメンテナンス。一体その後どうなったのか?多くの方が楽しみに待っていたと思います。今月メンテナンス工事が終了しました。



浴槽の水漏れですが、原因は風呂の洗い場にある排水目皿からの水漏れでした。目皿をしっかりと固定、接続しました。これで水漏れの原因を処理しました。また水漏れをしたとしても水が溜まらないように基礎に穴を開けました。もちろんシロアリが上がってこないようにパッキンもしています。またコウヤマキの浴槽も10年経ち腐食も進み、シロアリの温床となっていましたので人工大理石の浴槽に変更しました。

原因の排水目皿。水が漏れて溜まっていました。
b0111223_19325679.jpg


基礎の水抜き穴に取り付けたパッキンです。
b0111223_19551241.jpg


浴室です。タイルも補修して綺麗になりました。それにしても10年経っているのが不思議なぐらい綺麗な壁板です。樹種が分かるでしょうか?なんと杉(赤味)です。 浴室に杉?カビは大丈夫?確かにサワラや桧に比べて杉はカビが生え易いです。これは日頃のお手入れのおかげです。綺麗に使っていただけて嬉しいです。

b0111223_19582748.jpg

b0111223_1959491.jpg


5月の記事でシロアリに食べられていた駐車場の枕木は、コンクリート打ちになりました。コンクリートとコンクリートの間には施主自ら竜の髭を植えられます。

b0111223_23132340.jpg


玄関と玄関横の杉板も洗いをかけてから再塗装しました。
写真を撮っていると学校帰りの子供たちが『この家綺麗になったねー』と話していました。
子供達が関心を持っていたことに驚きつつも、嬉しい一言でした。

メンテナンスをしながら上手に家と付き合っていく。とても大切なことです。


b0111223_2318088.jpg


そとん壁、10年経ってもこんなに綺麗です。
[PR]
by MsARCH2 | 2009-10-22 19:20 | メンテナンス
<< 鳥取・智頭~大山を巡る 初日 Msの木の家10年経過・・・外... >>